河川環境

2008年8月24日 (日)

祝!清流日本一!2008

こんにちは。

昨年に続き、今年もとても嬉しいchuelです。

186_2

フレ岳に端を発し126kmの流路延長を経て、釣り人の大きな夢を流れに乗せ日本海へと注ぐ一級河川、尻別川。

その尻別川が今年も清流日本一に輝きました。

2008年、8月12日国土交通省 河川局発表の内容によれば、北海道では尻別川の他、沙流川が同一位となったようです。

55_2

ですが清流日本一に輝いた喜びの傍ら、不必要と思える河川工事の多さが本支流問わず目につきます。

問題も多々有るものの、それすら凌駕するかのような尻別川。

本当に素晴らしい渓流です。

017

この川で自分が味わう事の出来た感動や喜び、そして尻別川の素晴らしさを後世に伝えるためにも、小さな事ですが出来る事はやっていきたいと思います。

4年連続、8度目の清流日本一。

敬愛する尻別川の清流日本一、今夜はビールで乾杯だ!!!(笑)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

ちょとだけ愚痴を・・・

こんにちは。

醤油とマヨネーズがあれば殆んどOKなchuelです。

20080617_118

名流尻別川の福丘付近。

現在、上尻別橋まで河畔林が伐採されどうやら護岸される模様。

この川だけのことではないが、もっと自然な河川工事が出来ないものなのだろうか・・

これではただの水路と一緒で、魚など到底棲めるはずもない。

人命を守るための治水工事は必要だと思うが、魚の命も尊んで欲しい。

20080617_139

そして釣り人が捨てたゴミ。

毎年、同じ川の同じ駐車スペースで、同じゴミを拾い、同じ嫌悪感を覚える。

釣りをする上で自分のゴミを自分自身で処分出来ないだなんて、釣り人として一番恥ずべき事ではないだろうか・・

ホームリバーでのゴミ拾い、釣りに行ったときの恒例行事のようになっているが、思わず愚痴も言いたくもなります。。

良い子は真似しないように!!

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

魚道

こんにちは。
世知辛い世の中だと思う今日此の頃のchuelです。

200709_186
魚道:魚の遡行が妨げられる箇所で、遡行を助けるために川に設ける工作物。

某川の魚道。
この手の階段式魚道は川の端に設置されている事が殆んどで、渇水期には機能しなくなる事も多い。


200709_196
この日見た魚道は機能をしない、言わば 『役立たず』 な魚道。
この魚道を造るのに多額の税金を投入し、この有り様では釣り人ならずとも納得は出来ないだろうと思う。


200709_192
今まで釣りをしてきて何度も魚道を見てきたが、その中には渇水期でもしっかりと機能を果たす魚道も勿論有った。
魚道が必要になるような堰堤など無いにこした事はないが、造るからにはしっかりと機能するモノを造って頂きたい。

参考リンク:国土交通省 越美山系砂防事務所

       魚にやさしい魚道作り

               

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

失われた宝物

こんにちは。
嫌な予感が的中してしまったchuelです。
20071024_018
画像は清流日本一を誇る尻別川。
何度も通い、知り尽くした流れ。
川岸まで木々が生い茂り鳥の囀りと瀬音がとても心地良い、自分にとって宝とも言える区間だった。

20071024_029
その流れは美しく、沢山の力強い魚を育んでいた区間でもある。
そんな流れに異変が起きたのは、今年の8月後半。
なにやら工事関係者と思われる方々が、川の両岸で作業をし草刈りをしていた。
そして山女魚シーズンも終り、しばらくこの区間を訪れる事は無かった。

20071024_031
二ヶ月程してどうしても気になり来て見ると、あの生命感溢れる川はただの水路と化していた。
川底は辛うじて掘り返してはいなかったが、魚は棲み難くなってしまっただろう。
そしてここに有った河畔林の住人も、もうここへ戻っては来ないだろう。

20071024_034
この工事は本当に必要なのか?
あの豊かだった自然を破壊するメリットは?

かつてこの場所からは見えなかった大好きな羊蹄山が、皮肉にも綺麗に見えるようになっていた。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

祝! 清流日本一! 

こんにちは。
とても嬉しいchuelです。018
今年も尻別川が清流日本一となりました!!
この水系をホームリバーとしている自分にとっては、とても嬉しく誇りでもあります。

2007年、8月21日国土交通省 河川局 発表の内容によれば、後志利別川、沙流川、鵡川が北海道では同一位となったようです。

018_1
過去尻別川は平成11年から平成14年までの4年連続と、平成16年、17年、そして今年発表された18年の三年連続を含め7度清流日本一に輝いている素晴らしい川です。
そんな日本一の清流で遊べる北海道民は幸せ者です!

018_2_2

ですが川や川原には心無い方が捨てたと思われるゴミが沢山有って、この川に沢山の感動や想い出を与えて貰った自分としては、そのゴミが気になって仕方ありません。
日本一の清流にゴミは似合いませんよね(笑)

これからも微力ながらこの川への恩返しの意味も込めて、ゴミ拾いは頑張りたいと思います。

尻別川の清流日本一、とにかく心の底から 嬉しい!!

| | コメント (22) | トラックバック (0)