« 大好きな道南の渓2009 with かます草 | トップページ | 岩魚の楽園 with yamame氏 »

2010年6月28日 (月)

大好きな道南の渓2009 with かます草 2

こんにちは。

渓流釣りとは合法的な麻薬だと思うchuelです。

Dsc00462

前の渓で羆と急接近してしまったため渓を変更。

変更といっても、ここは先ほどの渓の支流。

Dsc00466

数ヶ月前に単独で入渓したときは、尺上が良く釣れた。

が、この日はそれなりのサイズばかり。

Dsc00473

渓相良く、遡行しているだけでも気持ちがいい。

だが数ヶ月前にあれだけ釣れた尺上岩魚の気配が無い。

Dsc00479

そんな中、かます草さんに尺上岩魚がヒット。

Dsc00482

このポイントでは推定40cmオーバーの岩魚を確認するも、フライを完全に無視される ( ノД`)

良く見るとカップリングしているようにも見える。

まだ時期的に早いとは思うが、気の早い岩魚も中にはいるようだw

Dsc00485

折り返しとなるポイント。

ここでようやく尺上の岩魚が。

Dsc00486

この渓での尺上は諦めかけていたので、とても嬉しい。

Dsc00490

同じポイントで、かます草さんも尺上をゲット。

まだ尺上が溜まっていそうなので、少し時間をあけて再びフライを流すと・・

Dsc00504

釣り上げるまでは、40cmは絶対にあると思ってしまったほど凄まじい引きをした38cm。

体高があり、胴回りがとても太く、金色に輝く美しい体躯。

Dsc00510

こんな凄い岩魚が釣れるから、羆のテリトリーに入り込んでしまう。

少しイカレているのかもしれないけれど、羆とはうまく付き合っていけたらと思っております。

Dsc00469_2

ところでこの日同行して頂いた かます草さん は、私の帽子をかぶっての釣行となった。

待ち合わせ場所で私の車に乗り込む時にご自分の車に忘れたか、落としたかしたらしい。。

釣りを終え十数時間後、朝待ち合わせた場所に到着すると・・・

Dsc00517

そこには、かます草さんの大切な帽子が!!!ww

あまりにも私の笑いのツボにハマッタので、拾うのを少し待ってもらい写真を撮らせて頂きましたww

釣りへ行くときは忘れ物には十分注意しましょう!(笑)

|

« 大好きな道南の渓2009 with かます草 | トップページ | 岩魚の楽園 with yamame氏 »

コメント

出来ることなら道南に移住したいと常日頃から
口にされてるchuelさん こんばんは~
かます草さんとご一緒するという話はこの前
聞いたのですが、このレポは去年のものですか?
そのまんま今年も使えそうですね(笑)ところで
でっかいのを連発したのですね。今年はそれぞれ
3センチ以上はサイズアップしてると思われます
ので、ブログアップされたらセンセーショナルです
よぉ。期待してアップ待ってます。

投稿: 釣野好雄 | 2010年6月28日 (月) 19:00

chuelさんこんばんは。
去年ですか?それにしてもあいかわらず尺上をビシバシしましたね。
そして同行者はシャーマンかます草さんとは
コアな釣行っすねぇwwww
しかし虫食い模様の尺上岩魚は自然が生んだ宝物です。
熊さんテリトリーなので(´(エ)`)クマーさんには敬意を払って釣りを楽しんでください。


投稿: yamame | 2010年6月28日 (月) 22:36

釣野さん、こんにちは。
これは昨年かます草さんとご一緒したときのレポです。

道南の山に棲む魚は大らかで、引きも良く、そしてなんといっても型と魚影の濃さでしょうか。
河口からそう遠くない所で山岳渓流のようになる渓相も、魅力。。。
などなど言い出せばキリがありませんねww

7月も道南遠征へ行ってしまうと思います(笑)


投稿: chuel | 2010年6月30日 (水) 06:24

yamameさん、こんにちは。

道南へ行く理由はやはり大きい魚をビシバシするためでしょう。
このときはちょっとやりすぎましたが、今年からは勇気ある撤退をしたいと思います。

かます草さんとのコアな釣行は色々な意味で、精神を鍛えられますよww

投稿: chuel | 2010年6月30日 (水) 06:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488063/31187977

この記事へのトラックバック一覧です: 大好きな道南の渓2009 with かます草 2:

« 大好きな道南の渓2009 with かます草 | トップページ | 岩魚の楽園 with yamame氏 »