« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月25日 (土)

伝説の男と再び。。

こんにちは。

現在午前10時38分にもかかわらず、瓶ビールを4本空けているchuelです。

Dsc09519

なんだか久しぶりの平日釣行、この日のお相手は伝説の男さん

この日のために訳のワカラン言い訳をし、急遽仕事を休んだw

画像は右膝の曲げ具合にこだわる、なんだか可愛い伝説の男さん。 【壁】彡サッ

Dsc09531

向かった渓は〝40UPも出るかもよ川〟

一番実績のある大場所で大物を狙う伝説の男さん。

だが、空気を読んだのか何も起こさず。。

Dsc09548_2

少し川の水が多く岩魚がフライを追いきれていない感じは有ったが、そこは道南の岩魚釣りで百戦錬磨の伝説の男さん。

そこそこの型をしっかりと釣り上げていました。

Dsc09551

そしてとあるポイントへ到着。

前方を見るとリールファイトをし、大きく竿をしならせている伝説の男さん。

Dsc09557

釣り上げたのは体高があり、とても綺麗な魚体の尺上の岩魚。

画像は尺上岩魚の写真撮影中にもかかわらず、帽子に毛虫を付けているのを何故か猛烈にアピールしている伝説の男さんw

Dsc09576

仕事を終え長距離を運転し、少ししか仮眠していないはずの伝説の男さん。

それでも釣りの時は、不思議と元気一杯。

その元気に仕事明けで疲れているはずの私も感化され、楽しく一日釣りに興じることが出来ました。

Dsc09510

どうでもいいけど、行き帰りの車中は笑いが絶えないw

とくに帰りの車中は疲れも手伝ってか、全てを笑いに変換するという神業を伝説の男さんは習得した様だww

次回ご一緒出来る日が、また楽しみになった一日となりました(笑)

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2009年7月21日 (火)

お気に入りの岩魚の渓へ

こんばんは。

釣りに行かない休日は、ビール&昼寝を三回ほど繰り返す自堕落なchuelです。

Dsc09419

大物ハンターさん爆釣大魔神さんの三人で釣り。

この三人での釣りは久しぶりで、移動中の会話はほぼアホな話しではずむw

先週から降り続く雨により川は増水し、遡行も魚からの反応も厳しかった。

そんな中でも最後尾を釣りあがる爆釣大魔神さんには関係ないみたいw

P7180001

入渓してしばらく岩魚からの反応はまったく無く、ドライフライにはとても厳しい状態。

それでも一箇所だけとても期待していたポイントがあった。

それは昨年大きな岩魚にフックを折られた大場所。

A_050

ドライフライをしつこく流していると、凄まじい勢いで飛びついてきたこの日最初の一尾。

40cmの岩魚だが引きはそれ以上。

文句のつけようのない立派な体躯で、大型の岩魚に良く見受けられる魚体の傷も少ない。

昨年このポイントで悔しい思いをしたのもあって、とても嬉しい一尾となった。

Dsc09471

その後二手に別れ私は支流へ。

支流といえども水量が多く、遡行の厳しくなっている箇所が何箇所かある。

本流に比べサイズこそ少し落ちるが魚影はとても濃い。

Dsc09486

サイズが落ちるといっても、常に尺岩魚の可能性を秘めている。

この日も尺超えを二尾、微妙なのを一尾釣りあげている素晴らしい川。

Dsc09502

4時間程釣りあがり、川の状態にしては結構な数も釣れ大満足!

二手に分かれていたので、早めに釣りを終了し脱渓した。

一応林道のような獣道みたいな道があるので、そこから入渓地点に戻ること一時間。。

そこから車まで更に一時間。。。

Dsc09451

体力的に少し辛い場所だけど、この愛しい岩魚に逢いにまたここに訪れようと思います。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2009年7月 5日 (日)

尺岩魚の楽園 2009

こんにちは。

めずらしく釣りの後脚も攣らず、元気一杯なchuelです。

Dsc09228

約一年ぶりに某草さんとご一緒させて頂き、尺岩魚の楽園へと向かった。

Dsc09181

そして尺岩魚の楽園といえばこの人!!

道南の某ゴル巨人さん!!

某ゴル巨人さんとも久しぶりにご一緒させて頂いた、一年以上は経っているだろうか。

久しぶりにお会いするお二人のことと、尺岩魚の楽園に行くということでこの日は超ワクワクしていたw

約二年前この渓へ訪れているが、その時はスコールのような雨に降られ最終地点まで行けず悔しい思いをした。

この日も朝のうちは小雨がちらつき、雲行きが怪しい。

きっと某ゴルさんと某草さんの日頃の行いのせいだろう・・・【壁】彡サッ

Dsc09174

釣り場まで約一時間、竿をまったく出さず歩く。

途中くそデカイ熊の糞や足跡も見て見ぬふりw

二年越しの念願でもあったので、とにかく早く釣り場に到着し釣りをしたかった。

釣り場に着きすぐに釣れたのが尺を少し切る岩魚だったが、それでもとても嬉しい。

Dsc09198

前回来た時よりも魚影は薄く、まだ川の状態が本調子ではない模様。

魚の活性も明らかに低いが、それでもそれなりの型は出てくれた。

Dsc09185

私が釣った尺を少し超える岩魚。

Dsc09203

某ゴルさんが釣った38cm。

Dsc09238

34cmと格闘中の某草さん。

っと数は少ないもののそれぞれに合格が出た。

Dsc09267

この日は二つ目標があって、一つは型物を出すこと。

そしてもう一つは最終地点をこの目で見ること。

上のポイントではこの日最大の岩魚が私に出てくれた。

Dsc09256

38cmを少し超える岩魚。

この一尾により一つ目標を達成した。

Dsc09277

最終地点少し手前の滝。

今までは画像でしか見たことがなかった滝なので少し感動。

Dsc09274

そして折り返しとなる最終地点。

これでこの日の目標を完全に達成し、心地良い満足感に包まれた。

少し魚釣りという意味では物足りなさも有ったが、二年越しの念願が叶いとても満足な一日になりました。

ここから川を下ること三時間、途中休みを入れゆっくりと川を下った。

なぜかこの日は足取りが軽く、車に着いても疲れなど感じなかった。

きっと久しぶりに会った友人達との会話や、ワクワク感がそうさせたのでしょうね。

Dsc09253

良い岩魚。

今度は盛期にまた、彼らに会いにここを訪れようと思います。

Dsc09280

ドウデモイイケドヤッパリカエルコロ ハレタヨ・・・( ノД`)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »