« 2008年7月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年8月

2008年8月24日 (日)

祝!清流日本一!2008

こんにちは。

昨年に続き、今年もとても嬉しいchuelです。

186_2

フレ岳に端を発し126kmの流路延長を経て、釣り人の大きな夢を流れに乗せ日本海へと注ぐ一級河川、尻別川。

その尻別川が今年も清流日本一に輝きました。

2008年、8月12日国土交通省 河川局発表の内容によれば、北海道では尻別川の他、沙流川が同一位となったようです。

55_2

ですが清流日本一に輝いた喜びの傍ら、不必要と思える河川工事の多さが本支流問わず目につきます。

問題も多々有るものの、それすら凌駕するかのような尻別川。

本当に素晴らしい渓流です。

017

この川で自分が味わう事の出来た感動や喜び、そして尻別川の素晴らしさを後世に伝えるためにも、小さな事ですが出来る事はやっていきたいと思います。

4年連続、8度目の清流日本一。

敬愛する尻別川の清流日本一、今夜はビールで乾杯だ!!!(笑)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

道央河川のポテンシャル

こんにちは。

脚が二箇所同時に攣り、その後火傷までしたchuelです。。

20080729_002

道央の川の自分のイメージは、川原があまり無く小石が多く遡行し難い、そして奥は深いが詰めても入渓者が多いためか釣れる魚は小さめというイメージ。

この日向かったのは何度も来たことの有る道央の川、無論入渓者も多い人気河川だ。

過去類を見ない程草が生い茂り荒れた危険な林道を、ちょっと泣きそうになりながら行ける所まで行き入渓した。

20080729_010

この日のお相手は道央の某爆釣大魔神さん

入渓してしばらく私には30cm弱の岩魚しか釣れなかったが、大魔神さんはそれなりに釣れている模様。

あれだけ丁寧にポイントを探られれば、渇水で神経質になった岩魚も観念しない訳にはいかないだろう(笑)

A_040

(撮影:TOKI氏)

上の画像は確実に35cmは有る丸太のような岩魚と対戦中の、 『たのしぃ~~!!』 とはしゃいでいる管理人。。

小さく見積もっても35cmは確実にあったので40cm近いかそれ以上だったかもしれない。

が、この直後フックを折られて逃げられてしまった・・・

渓流でフックを折られる事など予想もしなかったので、はっきり言ってあの岩魚には脱帽した。

20080729_025

渓相はなかなかのもので、ポイントも落ち込みが多いので絞り易いが魚影はそれほど濃くも無い。

ある地点からパッタリと釣れなくなり、ひたすら竿を出しては遡行をするの繰り返し。

20080729_032

渇水も有り魚の活性は低めだが、水中酸素量が大目と見られる大場で上の画像の42cmが凄まじい出方でフライを咥えてくれた。

この川の良型岩魚はどれもコンディション抜群、まさに丸太のような素晴らしい魚体をしていた。

20080729_039

その後はまた釣れない岩魚釣りがしばらく続いた。

それでも先程の42cmがあるので、大物の予感を感じながらその時を待ち望んでフライをキャストし・・

20080729_068_2 

またしても40cmオーバーの41cm。

フライを咥えた瞬間強烈な引きで倒木の下へ潜り込み、根掛かりかと思う程上がってこなかった凄まじいヤツ。

林道を走っている時冗談で、『こんな危険な林道を走っているんだから、40オーバーが20尾位は釣れないと割りに合わないですよ・・』とか言っていたが、二尾でもう十分満足してしまった。

20080729_106

川が二股に分かれる分岐点。

この時は地図を忘れどちらが本流かわからなかったが、川筋的に左が本流だろうということでまずは左に入渓。

水量が二分されかなり魚もシビアだがまたしても35cm以上の大物が一尾釣れたが、今度はフックを外した瞬間に暴れ岩陰に逃げられてしまった。。

20080729_123

その後しばらく遡行して大きな滝が。

フライには反応も鈍く一尾しか釣れなかったが、爆釣大魔神さんは40cm近い岩魚を筆頭に爆釣していた・・・w

20080729_138

爆釣大魔神さんが滝壺で楽しんでいる間、一人滝を高巻き探渓へ。

滝上の渓相は滝下の渓相よりやや落ち込みも多く、ポイントが多い感じがした。

20080729_149

そしてまた川は二手に分かれる。

左が本流、右の支流はすぐに滝となり釣り場としての流程は一瞬だった。

20080729_146

大した距離ではないが滝上のこの区間で反応は無し。

魚の散る姿も一切無かったので魚が居ないわけではないだろうが、釣り場としては成立しないようだ。

まだまだ行きたかったが、某爆釣大魔神さんを待たせているので引き返すことに。

20080729_157

川を下り本流が分岐するところまで戻って右の支流へ。

本流に比べポイントも点在しており、水流が有るためか水量も少しだけ多く感じた。

小さいながらに魚影も濃く、一尾だけ大きな岩魚も確認。

20080729_173_2

こちらにも滝が存在して、こんな滝壺では必ず爆釣大魔神さんが大爆釣を繰り広げるw

20080729_174

まだまだ奥を詰めてみたいけど、そろそろ良い時間だ。

この川の未知の部分のほうがまだまだ多いけど、道央の川の高いポテンシャルを垣間見る事ができ、大満足の探渓となりました。

20080729_136

良い面構えの岩魚。

こんな岩魚がまだまだ道央河川の上、源流部にいるかもしれないと思うとワクワクします。

20080729_191

帰り道となった林道。

十年以上は放置されていると思われるほど、荒れ放題に荒れ見通しは数メートル・・

この林道を一時間歩き汗ダクになりながら車まで戻りました。。

ちなみに車を走る林道も途中こんな感じ、ほとんど遭難と変わりないですねww

危ないので良い子はマネしないように!!

| | コメント (22) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年11月 »