« 山女魚釣り ROUND8 | トップページ | 道央河川のポテンシャル »

2008年7月28日 (月)

山女魚釣り ROUND9

こんにちは。

中山峠を越える前から足の指が攣っていたchuelです。。20080728_02

休みの日は釣りをする。

渓流のシーズンはそれが当たり前になっているが、ヤボ用も重なり釣りをするかどうか迷っていた。

それならば4時間だけ釣りをして午後に用事を済ませよう!!という 『二兎を追う者は一兎をも得ず釣行』 を強行!!

尻別川某支流に拘って山女魚を釣るという目的で川へ出かけた。

最近の休みの日の釣行は、日頃の行いがモロ繁栄されいつも雨が降っている。

勿論この日も雨。

これが逆に山女魚の活性を上げると睨んでいたが、渇水と前日に相当叩かれたのか山女魚らしい渋い出でフライを見切るスレ山女魚が多すぎで泣きそう。。

20080728_04

時間がないので兎に角、山女魚の姿を多く見たかった。

そんな思惑とは裏腹に常に風はアゲインスト、心の中で 『マジで勘弁してくれよ!!』 と何度叫んでも終始変わる事は無く、自分の行いの悪さを神に懺悔し止めて貰おうかと思う程だw

20080728_015

それでもポツラポツラと山女魚が釣れる。

産卵遡上物の山女魚を期待したがまだその姿は見えず、居付きタイプのやたらスレた山女魚が多い。

流れの緩い所ではフライを見切られ、瀬でもフライに出るものの喰わず嫌いがともて多く何度も涙を流した。。

一箇所に固執せずどんどんと先を目指し数を稼ぐ作戦だが、大きいのが居るとどうも固執してしまう(笑)

20080728_020

その後しばらくして嬉しい8寸ジャストを釣り上げる、本流とは違いここでの居付きタイプの8寸は少し嬉しいww

釣りの最中に少し強めの雨が降り、活性が上がったようで反応も良くなってきた。

20080728_035

この川の数有るポイントの中からベスト10に入る、『なかなか釣れないポイント』。

右上のテトラの出っ張りが作る流れの筋には、必ずと言って良いほど山女魚が付いている。

もう少し水量が有れば簡単に釣れることも有るが、この水量では期待度0に近い・・・

20080728_044

・・・と思っていたら、釣れちゃった v(。・ω・。)ィェィ♪

20080728_052

型物こそ釣れはしなかったが、いつもこのくらい数が出てくれれば山女魚釣りも楽しいのにな~~!

短時間の釣行ではありましたが活性の高さに助けられ、今日もこの美人と会うことが出来ました ( ノД`)ヨカタヨー

|

« 山女魚釣り ROUND8 | トップページ | 道央河川のポテンシャル »

コメント

チョット!チョット・チョット・チョット!!。
なんだかんだ言っても、きちんと釣ってくるあたり、
さすが貴公子です。
少し魚を分けてください。
あ~ぁ・・・。
なんで皆さんは、こんなに釣れるのだろうか?・・・。
やはり腕の差か?・・・。

投稿: hal30over | 2008年7月28日 (月) 18:06

いやですね~ 一人だけで良い事しているでは・・・?
yamameさんがきっと呪いを掛けるでしょう (W)


投稿: ゆいのじじ | 2008年7月28日 (月) 20:43

有珠!久しぶりにchuelさんの釣りへの情熱の声を聞いて嬉しくなりましたよ^^
尻別でのドライフィッシングの究極を貴殿が実行し証明してます。
尻別の山女釣りは厳しさゆえのテクがあるFFMが苦労での歓喜の釣り、道南岩魚釣りは自然の厳しさを知っている釣人だけが許される領域の釣り。
双方とも究極の釣りですよ。

投稿: YAMAME | 2008年7月28日 (月) 23:00

chuelさん、こん○○は。
ほんと最近ヤマメ釣りは絶好調ですね。羨ましすぎです。そのツケがどうも僕の方に回ってきているみたいなんですが、僕に何か呪いでもかけてます???
少しの雨はやはり魚の活性が上がるんで良いですよね。釣ってて濡れるのは嫌ですが、釣れないよりは良いですからね。

それはそうと、当方、8-9月は比較的平日に休みを取ることが可能です。もし都合の良い日などがあればご連絡ください。ご一緒して、釣りという物をご教授していただきたいのですが。。。私の方からは伝説と言うものをお教えしますので^^v

投稿: アカガレイ | 2008年7月28日 (月) 23:58

chuelさん、こんばんは。
この『なかなか釣れないポイント』今日行ってきましたが僕には釣れませんでしたけど・・・なにか?

でも、えっ!こんなところでポイントでヤマメ様が相手してくれました。相当叩かれ着き場が変わっているのでしょうね。

投稿: paru | 2008年7月29日 (火) 22:48

hal30overさん、こんばんは。
これはたまたまタイミングが良かったからで、普段この水量ではボに近い釣果ですよ。
型も小さめのが多いですしね。
因みに家を出る前にトイレで『たのむ~~ぅぅ・・・』っと神にお祈りをすると釣果UPするようですww

投稿: chuel | 2008年7月29日 (火) 23:17

ゆいのじじさん、こんばんは。
『いやですね~』はそのままじじさんにお返し致しますよ!!(笑)
yamameさんは今年私よりも大物山女魚を釣り上げているので、私がyamameさんに呪いをかけたいくらいですが。。

投稿: chuel | 2008年7月29日 (火) 23:19

yamameさん、こんばんは。
私は釣りの情熱よりもどうしたら釣りの後脚が攣らなくなるかのほうに最近は情熱を燃やしております(意身麩)
この時期はどんなにテクのある人でも魚の活性次第、特に私のようなヘボにはそのタイミングが合わないと酷い目に遭いますからね~。
究極の釣りはしたことないですが、究極の攣りなら先程しました~~ww

投稿: chuel | 2008年7月29日 (火) 23:23

アカガレイさん、こんばんは。
アカガレイさんに呪いをかけている訳ではありませんが、いつも『何か楽しい事起きてないかな~~~』っとブログを覗いております(笑)
山女魚釣りは腕よりもタイミングですよ、この日は朝から肌寒く水温が下がったタイミングと、雨による水中酸素量増加のタイミングが重なって私のようなショボイ釣り人でも釣れたのだと思います。

先程ご連絡差し上げたとおりで~す!!
近々ご一緒出来るのを楽しみにしておりますよ!!

投稿: chuel | 2008年7月29日 (火) 23:26

paruさん、こんばんは。
『なかなか釣れてくれないポイント』本当に渋い山女魚が付いていますよね。
この日は本当に奇跡のフッキングでしたよw
変な所に付いているのは、入渓者の多い時は良くありますよね。

あ~そういえば昨年paruさんとはじめてご一緒させて頂いた所から上の橋までは最近山女魚の魚影が濃く、この日も尺近いのが一瞬フライに出ました。
でもスレ杉鱒なので完全に見切られライズでしたけど(涙)

p,s やたらと真狩の某ソバ屋さんのソバが食べたいので、今度火曜にご一緒出来る日があったらソバ屋さんもご一緒して下さ~い(笑)

投稿: chuel | 2008年7月29日 (火) 23:32

こんばんは。
いやー頑張ってますね!
尻別で4時間だけもこの釣果流石でござりまする。

投稿: BOB | 2008年7月30日 (水) 00:55

本当にこの見覚えの有るポイントの川では、山女魚を釣るのが難しいですわ・・・・(^H^;)
その中で良く釣ってますね、脱帽じゃい (^H^;)
これからも頑張っておくれでやす (^H^)v

投稿: "シェルパのJ" | 2008年7月30日 (水) 22:23

chuelさん、こんばんは。
生命感あふれる尻別水系のヤマメ・・見事です!
反面、最近の私は・・必ずといってよいほど大雨に遭遇し、激濁りの釣りになってしまいます。なかなかブログの更新できませ~ん。。

投稿: zabadak1115 | 2008年7月30日 (水) 23:29

BOBさん、お早うございます。
先日は誠に申し訳ございませんでした。
あの後某爆釣大魔神さんにも『なんでそんな時間に!!○○ばいいのに!!』っとしっかり怒られ猿のように反省の日々ですw
この川魚スレ杉、釣り人大杉で活性が高くないと最近はつれまへん。
どしゃ降りの雨が待ち遠しい!!ww

投稿: chuel | 2008年8月 1日 (金) 05:31

シェルパのJさん、お早うございます。
ここ見覚えあるでしょ~~ww
じつはここだけの話、山女魚の釣れる支流では一番だと思っております。
これからは遡上物も混じるので、少しは賑やかになるかもしれません。
Jさんも是非!!

投稿: chuel | 2008年8月 1日 (金) 05:33

zabadak1115さん、お早うございます。
私もほんと雨にあたることが多く、気分は↓ですが今時期は雨のほうが活性が高かったりするのでなんとも・・・w
渓流のシーズンはあと少しです、雨でも頑張って釣りをしましょうね!!
でも川の選定はお間違えなく!!

投稿: chuel | 2008年8月 1日 (金) 05:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488063/22608905

この記事へのトラックバック一覧です: 山女魚釣り ROUND9:

« 山女魚釣り ROUND8 | トップページ | 道央河川のポテンシャル »