« 山女魚釣り ROUND7 | トップページ | 山女魚釣り 番外編 »

2008年7月 9日 (水)

あの川の上流は?

こんにちは。

『落石注意!』の看板を見て、いつも『どうやって注意すんだよ・・』っとツッコミをとりあえず入れてみるchuelです。

20080708_024

この日は道央某河川へ、道央の某爆釣大魔神さんと探渓。

探渓と言っても爆釣大魔神さんも自分もここへは来た事があって、今回は釣りをした事の無い区間へと足を運んでみた。

入渓してすぐに小さな山女魚を釣り、岩魚も釣り、痛恨の太腿も攣り。。。

中には少し大きめの山女魚も確認出来たが、毛鉤を咥えてくれることは無かった。

20080708_030

小さい山女魚メインの釣りとなったが、しばらく遡行をすると岩魚が多くなり道南で目にするようなような函が現れた。

少し期待をしたが前日か前々日に人が入った形跡もあるので、小さい型のものばかりで釣果はイマイチ。

20080708_036

函を越えるとそこには滝が。

滝壺には大きな魚が見えて、はじめはアメマスかと思ったがどうやらサクラマスのようだ。

ドライには何の反応も無く、沈めて10cmくらいの岩魚を一尾w

20080708_039

その後しばらくして某爆釣大魔神さんが追いつき、岩魚に良い型の山女魚を釣り上げていました。

しばらくその光景を眺めていると滝を越えようとジャンプするサクラマスを何度か見れて魚の力強さを感じると共に、堰堤や砂防ダムの無い川というのはかなりの上流まで魚は遡上するものだと再認識。

某爆釣大魔神さんはこの滝を更に高巻いて上に行こうとしていたが、ちょと危なそうなので何とか宥めて折り返し。

爆釣大魔神さんも最近は更に上を目指そうという危ない傾向に有るようだ(笑)

20080708_041

その後川を下り支流の沢との合流点からその沢へ入渓。

本流を釣り上がっている時は某爆釣大魔神さんがこちらへ迷い込まないか、または『こっちの沢へ行こう!』等と言い出さないか少し心配していたw

帰りの川通しの下りの時はそれをスルーしようと思っていたが、やはり『ここへ行こう!はじめから行こうと思っていたんだ!!』的な爆弾発言が・・・(汗)

20080708_043

マジかよ!!と思いながらも涙ながらに入渓。

はじめはあまり気乗りのしなかったこの沢、ポイント毎に反応が有ってとても魚影が濃く楽しい!!w

岩魚のみの渓だと思っていると、とても大きな山女魚も釣れた。

写真を撮影する前に逃げられてしまったが、きっと増水時に本流から遡ってきたのだろう。

20080708_056

そろそろ薮もきつくなってきてフライでは厳しいので帰ろうかと思うも、魚影が濃いので奥へと足が進む。

20080708_058

そんな中、好ポイントで一尾だけ良型の岩魚が。

泣き尺程度だがこの川の規模からいえば相当の良型だった。

20080708_061

この沢を折り返した好ポイント、ここで自分は10尾程岩魚を釣り満足していた。

もうそんなに釣れないだろ~~っと某爆釣大魔神さんの釣りを見物していると・・・

少なくとも15匹以上は釣られておりましたww

流し難い所へ餌を投餌するテクニックは見ていてとても勉強になるが、絶対に真似できね~w

爆釣大魔神というネーミング、大袈裟のようだがまったく大袈裟ではないことがまたしても明らかになったw

しかしこの日は蚋に悩まされた。

日陰の多い沢は蚋が多いし、こんな沢では羆に遭ったら即終了だし。。

危険が一杯なので、良い子は真似しないように!!

|

« 山女魚釣り ROUND7 | トップページ | 山女魚釣り 番外編 »

コメント

chuelさん、こんにちは。
小さな流れで大きなイワナが釣れると、なんだか妙に嬉しくなってしまいますよね。こんなところでも一生懸命生きているんだな~なんて思わず呟いてしまいます。
支流の釣りって本当にワクワクするんですよね~

投稿: zabadak1115 | 2008年7月10日 (木) 12:34

chuelさん、こん○○は。
最近、かなりの上流志向になってますね^^
さて、道南のほうは最近は蚋をはじめとする吸血昆虫がいなくて良い感じです。
が、よ~く見るとアブの小さい奴が出始めてて。。。こちらは近いうちに、虻柱を作りながら釣りをしなきゃいけない嫌な季節が来そうです。。。
今度は、虻と蚋に1日で100箇所刺されると言う伝説をお見せしようと企んでおります。その際は、また笑ってください^^

投稿: アカガレイ | 2008年7月10日 (木) 18:59

>chuelさん
置かれた地域によって釣り方、対象魚が変わってくるで
しょうが・・・もし、chuelさんが十勝に住んでたら
その山奥への探究心、山歩きのスキルを考えると
大物の虹鱒を釣りまくってることでしょうね...
見習いたい...その熊にも恐れず、歩きにくい大石を
歩き続けるられる体力と函をスパイダーマンのごとく
攻略する術など、、すべて私には想像できない領域です。
もしかして・・・運動神経抜群のム・キ・ム・キman
ですか???(笑)

投稿: ビスオー | 2008年7月11日 (金) 01:11

zabadak1115さん、お早うございます。
本流がダメなとき、こんな支流に入って何度も救われた事があります。
このくらい小さな沢だと、私もそうですが毛嫌いする方もいますからね。
釣り難いですが、とても楽しい釣りになることが良くるので穴場的な沢は押さえておいたほうがいいみたいです(笑)

投稿: chuel | 2008年7月11日 (金) 06:02

アカガレイさん、お早うございます。
私はあの伝説のアカガレイさんに比べればまだまだ下流志向ですよww
道南のあのデッカイ虻は異常ですよね。
しかも羽音がメチャクチャ大きくて、気持ち悪いし・・・
虻と蚋に100箇所もやられたら、死んじゃうんじゃないでしょか?
でもアカガレイさんなら大丈夫そうで怖い・・(笑)

投稿: chuel | 2008年7月11日 (金) 06:04

ビスオーさん、お早うございます。
私などまだまだだと思いますよ、リンク先の方々の中には凄まじい方が何人か居て、私からみても『異常だ・・・w』っと思ってしまう程ですからww
最近は良く脚が攣りしかもその時間がやたらと長くなってきて、もうそろそろ平渓のみを釣り歩こうかと思う程ですよ・・
でも山岳渓流や源流の誘惑には勝てないんですよね~~w

投稿: chuel | 2008年7月11日 (金) 06:08

>chuelさん
こんなに源流ばかり行っているとコケまくってますよね?(笑)
ウェーダーの膝の部分は補修しまくりですか?
山岳渓流や源流の魅力に体力が負けそう(悲)

投稿: ビスオー | 2008年7月17日 (木) 00:33

ビスオーさん、お早うございます。
私は以前『美コケのchuel』と異名をとるほど美しいコケを毎回のようにかましておりましたww
が、その痛みの経験からか最近は超慎重派であまりコケません。
でも先日しっかりと川でウルトラCを炸裂させてしまいましたよ~~ww
源流の魅力にハマルと何処からか体力が沸いてきますよ、是非お試しあれ!(笑)

投稿: chuel | 2008年7月17日 (木) 06:38

やってますね~密かに
形もいいですね 9月には尺ですね間違いなく

投稿: ゆいのじじ | 2008年7月23日 (水) 18:04

ゆいのじじさん、お早うございます。
やってますよ、密かに(笑)
先日尻別でお会いしたフライマンさんと長々とお話したんですが、今年すでに尺上34cmをゲットされたとか。。。
羨まし過ぎて、その場で『イツ?』『何処で?』『何時頃?』『その日の天候は?』など凄まじい事情聴取をしてしまいましたwww

じじさんも凄いの釣られていますね~~、事情聴取の対象者にピックアップさせて頂きますw

投稿: chuel | 2008年7月25日 (金) 11:10

コメント禁止にしてしまったの???
ゴミ拾うと…車がアントだらけになったり、
資源ごみに出す為洗浄してると吐き気を催す
臭い...「何やってるんだろう?」と思う。
ともかく皆、一人一人捨てなきゃこんな惨い惨状に
ならないのに…

投稿: ビスオー | 2008年7月28日 (月) 01:10

ビスオーさん、こんばんは。
少し多忙気味でコメントの返答が遅くなるのも失礼かと思いまして、今回から復活させました。
ゴミに関しては全くもって同じ思いですよ。
皆がゴミを捨てなければ、拾うこともないのに・・・って思いますよね。
でもきっといつか渓流からゴミが無くなる日が来ると信じて拾っていれば、いつか良いことがあるような気がします。

私もとあるフライマンさんのゴミを拾う姿を見るまでは、恥ずかしながらゴミなど無関心でしたから。。
もしビスオーさんのその姿を見て誰かがマネしてくれれば、それは良いことだと思いますよ!

投稿: chuel | 2008年7月28日 (月) 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488063/22172465

この記事へのトラックバック一覧です: あの川の上流は?:

« 山女魚釣り ROUND7 | トップページ | 山女魚釣り 番外編 »