« 山女魚釣り 番外編 | トップページ | 山女魚釣り ROUND9 »

2008年7月23日 (水)

山女魚釣り ROUND8

こんにちは。

休みの日に雨の降る確立が高い日頃の行いの悪いchuelです。

20080721_02 

海の日なのに山女魚を釣りに尻別川へ、休日の尻別川へ向かうのは久しぶりだ。

釣り人が多いのが予想され少々迷ったが、翌日は強い雨が降るかもしれないという天気予報を知った瞬間、疾風のごとく中山峠を駆け抜けていた。

天気が悪く川へ着いた頃はまだ薄暗かったので、チャンス!とばかりに山女魚を釣り上げる。

サイズは相変らず24~26cm、少し遡行をすると先行者が現れ更には後攻者も二名出現しポイントを移動。。

20080721_014

何ヶ所か廻りようやくみつけたポイントへ入渓。

ここは 『ライズが渋すぎて絶対に釣れてくれないポイント』 と以前から命名していたポイントw

この日も微妙なライズを発見、期待せずにフライを流すと・・・

20080721_022

小さいながらに一尾ゲット!!

このポイントで山女魚が釣れたのは5年振りだろうか・・・そのくらい久しぶりだったw

そしてここでも先行者と後攻者に挟まれ脱渓。

20080721_031

この時間になると数ある本流の駐車スペースには、釣り人の物と思われる車が有るので本流を諦め支流へ。

支流といえどもやはり山女魚の釣れる人気河川だけあって釣り人は多い。

そんな時はとある支流の、 『あそこなら大丈夫だポイント!』 へ移動w

案の定すんなりと入渓出来た。

20080721_039

入渓してすぐに山女魚なら有に尺は超えているであろう魚がフライに出るもバレるw

放心状態のまま少しの間遠くを見つめ、 『あれは虹鱒だったんだ!!』 っと自分に暗示をかけさらに釣りを続行。

しばらくして釣れたのが上の画像の山女魚。

9寸に数ミリ足りない体躯だったが、ジャンプ一発&下流への物凄い突進で取り込むまで山女魚なら9寸は超えているのではと思う程の引きを披露してくれました。

そろそろ山女魚釣りも折り返しで本格化、アベレージサイズも更に大きくなり高水温&渇水でシビアにもなり。

尻別の夏山女魚師には、楽しみな季節が到来と言ったところですね(笑)

|

« 山女魚釣り 番外編 | トップページ | 山女魚釣り ROUND9 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488063/22487544

この記事へのトラックバック一覧です: 山女魚釣り ROUND8:

« 山女魚釣り 番外編 | トップページ | 山女魚釣り ROUND9 »