« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月29日 (木)

愛しの山女魚

こんにちは。

山女魚解禁目前でワクワクなchuelです!

200707_050

あと三回眠れば山女魚解禁ですね。

なんだか嬉しくて、思わず昨年出逢う事の出来た山女魚たちをUP!

200708_044

20070826_010

写真に映えたのだけを選りすぐっていますが、実際の釣果はもうほんの少し釣っております(笑)

200707019

200707_054

自分にとって山女魚は6月~8月の間、必死に追いかける期間限定魚。

尻別川へ通い詰め、神経質な彼らを相手にアーでもないコーでもないとボヤキながら釣る魚。

P8190017

(撮影:釣野さん)

200708_023

尻別の夏山女魚は、一瞬何もかもを忘れるくらい美しい。

ちなみに美しい山女魚を釣るコツは、家を出る前にオーバーアクション気味に神様にお祈りをすることです・・(実話)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

毎年の楽しみ

こんにちは。

蚋に右耳だけを集中的に刺されまくっているchuelです。

20080527_032

毎年楽しみにしている道南、某渓流での岩魚釣り。

一週間も前から天気予報と忘れ物のチェックをし、遠足気分で出かけた。

天気予報は曇り後晴れだったが、普段の行いが悪いのかしとしとと雨が降っていた。

本当はドライフライで釣り上がりたかったが、ルアーを選択。

20080527_050

数こそ釣れないが、釣れれば大きいのが多いというのが魅力の渓。

しばらくして本日の初岩魚34cm、嬉しさとともに安堵の気持ちが込み上げてきた。

山奥ではあるが堰堤が多く寸断された流れにひっそりと暮らしている。

釣れただけキープされれば、きっとこの川に岩魚が居なくなってしまう。

思わず『よかった~』と呟いてしまった。

20080527_062

その後同じようなサイズを一尾釣り、ショートバイト数回に4バラシ(涙)

雨も強まり風も出てきて辛い釣りとなってきたので引き返そうとも思ったが、せっかく来たのだから脱渓点までは頑張ろうと自分に言い聞かせてみた。

20080527_071

しばらくして釣れたのが43cm、この川での過去二番目の大きさだった。

20080527_078

感謝を込めてリリース。

リリースすることによって魚は大きくなって釣り人を楽しませてくれる。

大きな魚は小さな魚よりも多く卵を産めるから、きっと魚影も濃くなるはずだ。。

20080527_110

その後別河川へ移動。

車に乗り移動を開始した直後雨が止み、次の川へ着いた時には晴天となっていた。

・・が、ここでは10連続くらいでバラシて、本領発揮!

これだけ天気が良いとドライでもいけるだろうと、またまた移動。

20080527_149

ドライのシーズンインが早い某河川。

あちらこちらでライズする虹鱒が目につき、とてもワクワクする。

20080527_161

今年はこの時期にしては緑が濃く、ハッチも凄まじい。

そして水量も少ない気がした。

どうでもいいけどこの川、薄暗い所が多くて気持ち悪い。。

20080527_125

あまり大きなのは釣れなかったけど、やっぱドライフライは楽しいね!!

でも蚋が多すぎてツライっす・・・

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

釣り 1 山菜 9 釣行

こんにちは。

相次ぐ食品値上げとガソリン代の高騰により生活苦のchuelです。。

20080514_026

久しぶりにホームである尻別川水系へ。

あと半月ほどで、道央、道南、山女魚解禁ということもあり水量の確認を兼ねて、山菜採り&釣りへと出かけた。

今年も通うであろうこの水系の主に支流を巡ったのだが、やはり4月から5月初旬の暖かさは異常だったようで、すでに雪代が収まった川や収まりかけている川がほとんどだった。

画像の川も普段なら今が雪代のピークを迎えるであろう某支流。

20080514_09

現在、北海道では山女魚釣りは全ての河川で禁止されている。

勿論狙うのはそのほかの魚種で、この日は岩魚と虹鱒を狙うことになる。

まだ少し反応は鈍いが、どのポイントでも岩魚が釣れてくれた。

ホームである尻別川水系での初渓魚、何かほかにはない格別なモノが有った。

20080514_016

例年ならこの時期この水系では、雪代により殆んど釣りにはならない。

この日も山菜をメインに出かけ、本来の目的である青蕗畑に到着。

陽当たりの悪い場所で蕗が密生していて、皆少しでも太陽に近づこうと背を伸ばしている。

こんな環境で育った蕗は青く沢山の水を吸っていて、シャキシャキとしていてとても美味しい。

20080514_020

ここの行者ニンニクも例年ならまだ収穫の時期だが、残念なことに今年はもうダメだった。

午前中は二本川を巡ったが、どちらも山菜がメインとなり釣りが・・・w

20080514_043

昼から入渓した別河川。

ここは支流の支流でまだ少し早いと思っていたが、虹鱒、岩魚と相手をしてくれた。

20080514_045

この時期の単独の釣りは、どうしても川岸にばかり目が行ってしまう。。

まぁ山菜採りもこの時期は釣りと並んで趣味の一つなのだが、春山の恵みの季節は短いので仕方が無いですね。

今年はアズキ菜という美味しい山菜を覚えてパワーUPしたためとても忙しく、帰りの林道も目が疲れるくらい辺りを見回しております(笑)

ちなみにこの日の釣果は・・・

① 油炒め&浅漬け用の青蕗が沢山 (重すぎ!)

② お浸し用のアズキ菜 (これは美味過ぎ!)

③ 独活 (酢味噌和え、葉の天麩羅は最高っす!)

④ 竹の子 少々 (下処理が大変なので採取に躊躇!)

⑤ 草蘇鉄 (蕗と油で炒めます)

⑥ 薇 少々 (豆モヤシと薇のナムル)

⑦ 岩魚 少々 (決して食したりはしません)

⑧ 虹鱒 少々 (決して食したりはしません)

・・・っと、山菜採りのついでの釣りでした。

20080514_040

山菜ブログと化しそうなので、最後は渓流の画像で・・・

やはり渓流は気持ちが良いですね!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »