« 伝説の男と | トップページ | DRY FLY FISHING »

2007年10月11日 (木)

滝と釣り人

こんにちは。
運転中の眠気を覚ますために、フリスクを10粒程食べたら目が開かなくなり運転を中断してしまったchuelです。

20071009_096_26
前日にアカガレイさんとの釣行を終え、そのままBOBさんの所へと駆け込む。
宿に着き他愛も無い話をし夕食となった。
その夕食はどれもこれも美味しいものばかりなのだけれど、その中でも印象的だったボリボリすき焼き
あんなに美味しくて贅沢なすき焼きは、この世に無いのではないかと思う程美味しかった!

因みにこの日のお相手。

20071009_096_9
道南の某ゴル巨人ことBOBさん!

入渓してすぐに新子山女魚と岩魚が釣れてくれる。
前日の雨の影響もあり決して活性が高いわけではないが、魚影の濃さがカバーしてくれた。

20071009_096_54
この川は滝が多くそれを高巻くのに一苦労する。
それでも渓が美しいおかげで、まだ見ぬこの先の渓相にワクワクしっぱなし(笑)

20071009_096_57
滝の真上から滝壺を望む。
高い所はあまり得意ではないが、無性に見たくなってしまう。

20071009_096_18
滝を高巻き中の犯行現場を激写!!
いつもながらにBOBさんの脚力には脱帽、年齢詐称疑惑がこの日浮上した(¬、¬)

20071009_096_43
午前中はフライへの反応がかなり渋かったが昼頃には反応も良くなり、時には一つのポイントでかなりの数が釣れるようになってきた。
ただ大きい魚は皆、産卵行動の真っ最中のためか完全にフライは無視( ノД`)
50cm位の雨鱒が産卵床を掘っている姿は感動ものだった。

20071009_096_74
普段歩くのは好きではないが、渓流を歩くのは大好き。
渓相が美しければ美しいほど歩くのが楽しくなり、疲れもあまり感じない。
釣りを終えてからはグッタリなんだけど(笑)

20071009_096_16
函を簡単にヘツっている犯行現場も激写!!
あまりにも高速なので、道南の某ゴル巨人さんがブレています!

20071009_096_63

今回もBOBさんには素敵な渓へ連れて行ってもらい、とても楽しい釣行となりました。
今年はこれでBOBさんとの楽しい釣行も最後?かな〜。
来年は行者ニンニクの季節の頃にまた、図々しくもお伺いしたいと思います。
(行者ニンニク入りジンギスカン希望 【壁】彡サッ)

2007100957
BOBさんに写真を頂いたのでUP!!
『大物よ〜・・・』っとブツブツ言いながら渓に佇む相変らずダメな釣り人(涙)

|

« 伝説の男と | トップページ | DRY FLY FISHING »

コメント

行者ニンニク入りジンギスカンも美味いべ!!
高捲きヘツリの時必ず後ろでカメラを構えてるパパラッチchuelさん、
お早う御座います。
もしかして落ちるのを期待していたのでは、
そのような伝説はあのお方にお任せします。
今年は最後と言わずまだシーズンは残ってますよ。
山菜採り釣行は別料金となっておりますので・・・。

投稿: 年齢詐称疑惑の某ゴル巨人 | 2007年10月11日 (木) 07:56

年齢詐称疑惑の某ゴル巨人 殿
年齢詐称疑惑の某ゴル巨人さん、お早うございます。
先日は大変お世話になり恐縮です、有難うございました。
また今年無し得なかった夢でもある、ボリボリ三昧は感動しました!!

落ちるのを期待していただなんてそんな事をBOBさんに期待するほど世間知らずではありませんよw
山菜取り釣行の別料金は、出世払いということで・・
一生無理っぽw

投稿: chuel | 2007年10月11日 (木) 09:11


おはようございます
「某ゴル」が結構ツボにハマっています
アメマスの産卵行動は見たことがないですね
まあ他の魚のもほとんど見たことがないですが
そういうシーンが見れるのはやはり魚が多い川ということもあるのでしょう
あのサンル川でもサクラマスの産卵は結構見れるらしいですから良い環境の川だということの証明ですね

滝が素晴らしいです
どうして連れて行ってくれなかったのでしょう・・・

投稿: TOKI | 2007年10月11日 (木) 09:28


chuelさん こんにちは
某ゴル巨人さんとの釣行は、こんなに険しい所なんですね。
無理です、ご辞退申し上げます。
何にもない平地で転ぶという、ウルトラCの技を持つ
私には危険すぎますね!
特にへつり何てしたら、間違いなく落ちて流されます。

投稿: かげまる | 2007年10月11日 (木) 12:51


chuelさん、こんにちは。
ヘツリの高速移動・・・凄い!
本当は、飛べるのでは?
かげさん同様自分にも危険な予感が・・・
だが行ってみたいのは、如何して???

投稿: μ | 2007年10月11日 (木) 13:13

TOKI 殿
TOKIさん、こんにちは。
これぞ道南の某ゴル巨人という瞬間をカメラに収めるために、TOKIさんバリにパパラッチしていましたw
雨鱒や大きな岩魚がバシャバシャと産卵床を掘る姿は何度見ても感動してしまいますよ。

平日を挟んでの一泊の場合、お誘いし難いんですが・・・
今度はお誘いしま〜す!!

投稿: chuel | 2007年10月11日 (木) 16:33

かげまる 殿
かげまるさん、こんにちは。
某ゴル巨人さんだなんて、某ゴル巨人さんに失礼ですよ!! 【壁】彡サッ
今までご一緒させて頂いた中では、もっとヤバイ場所が一箇所、それとご一緒した事はないけれど行った事の有る所でもっとやばいゴルポイントも知っていますよ〜w
でもかげまるさんのあの身のこなしなら大丈夫だと思いますよ!
それともし流されたとして、かげまるさんはやはり笑顔なのか、それでも笑っているのか等、確認しなければならない事が沢山あるので、その時は是非お誘い下さいm(_ _"m)ペコリ

投稿: chuel | 2007年10月11日 (木) 16:39

μ 殿
μさん、こんにちは。
源流や上流を目指すなら、この手のポイントは結構あるもので、それを超える達成感もまた楽しいものです。
道南の某ゴル巨人さんは、本当にこの手の移動が上手いですね。
足が長いのもこの手の渓を行くには、自分なんかよりも有利だと思いました。
源流志向の釣り人は、この手の場所で痛い思いはしておくべきですね。
μさんも是非落ちて、楽しい思い出を!! 【壁】彡サッ

投稿: chuel | 2007年10月11日 (木) 16:44

お疲れさま
chuelさん こんばんは
道南釣行お疲れさまでした。やはり名ガイドと行く
源流釣行は楽しいものでしょうね。渓相を見てわくわく
しているchuelさんの顔が目に浮かびます。
ボリボリのすき焼き鍋もうまそうで(BOBさんのブログ)
よだれが出てきました。ところでこの日はドライだった
のでしょうか?

投稿: 釣野好雄 | 2007年10月11日 (木) 18:15

取憑かれているの
(^H^)もそうですが、μさんもchuel_06さんも
皆さん取憑かれたように溪へ参拝していますね。
キノコの食べ過ぎで当ったのでしょうか、もの凄い
ペースで釣りまくって居ますね。
しかし、chuel_06さんタフだわ。
恐れ入りました。m(_H_)m 

投稿: (^H^)で〜す | 2007年10月11日 (木) 23:12

良かった良かった^^
chuelさん、こん○○は。
フリスク10粒はやりすぎだと思うアカガレイです^^
迷ガイドとの釣行の翌日は正真正銘の名ガイドの釣りを楽しめたみたいでホッとしております^^;;;
産卵床を掘っている所を見れたんですか!?確かにそ
れは感動ものですね。
それにしても、落ちる伝説を僕に期待するとは・・・。
う〜ん、次の伝説は巨人とchuelさんと僕の3人で同
じ場所でヘツリに失敗して落ちるというのはどうですか?( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: アカガレイ | 2007年10月11日 (木) 23:18

釣野 殿
釣野さん、お早うございます。
BOBさんは行き止まりが無いと何処までも奥へ行ってしまうんですよねw
『この人あぶね〜、誰か止めろ〜』って感じですw
この日は天気が悪く小雨もちらついていましたが、もちろんドライですよ!!
釣野ドラ連会長さんの教えを守っておりますww

投稿: chuel | 2007年10月12日 (金) 04:59

(^H^)で〜す 殿
(^H^)で〜すさん、お早うございまうす。
渓流もシーズン終盤ですから、釣りが出来るうちに釣りをしておかないと後悔してしまいますw
あと数えるくらいしか行かないと思うので、キノコに当たろうが渓へ足を向けるしかないですね。
タフではないですよ〜、帰りは足がコタコタになっております( ノД`)

投稿: chuel | 2007年10月12日 (金) 05:04

アカガレイ 殿
アカガレイさん、お早うございます。
眠気を覚ますのにはやはりミント系が一番なのですが、あれって食べ過ぎると目にきて酷い目にあいます、お気をつけあれ!!ww
アカガレイさんのガイドも素晴らしいですよ、あの増水の中あれだけ状態の良い川を案内出来るのですからね。
三人でヘツリ失敗ですか・・・
考えただけでも恐ろしいのですが、伝説の男が一緒なら有りそうで怖いッス(笑)

投稿: chuel | 2007年10月12日 (金) 05:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488063/8941418

この記事へのトラックバック一覧です: 滝と釣り人:

« 伝説の男と | トップページ | DRY FLY FISHING »