« DRY FLY FISHING | トップページ | 曇り後、心の中は雨・・ »

2007年10月28日 (日)

失われた宝物

こんにちは。
嫌な予感が的中してしまったchuelです。
20071024_018
画像は清流日本一を誇る尻別川。
何度も通い、知り尽くした流れ。
川岸まで木々が生い茂り鳥の囀りと瀬音がとても心地良い、自分にとって宝とも言える区間だった。

20071024_029
その流れは美しく、沢山の力強い魚を育んでいた区間でもある。
そんな流れに異変が起きたのは、今年の8月後半。
なにやら工事関係者と思われる方々が、川の両岸で作業をし草刈りをしていた。
そして山女魚シーズンも終り、しばらくこの区間を訪れる事は無かった。

20071024_031
二ヶ月程してどうしても気になり来て見ると、あの生命感溢れる川はただの水路と化していた。
川底は辛うじて掘り返してはいなかったが、魚は棲み難くなってしまっただろう。
そしてここに有った河畔林の住人も、もうここへ戻っては来ないだろう。

20071024_034
この工事は本当に必要なのか?
あの豊かだった自然を破壊するメリットは?

かつてこの場所からは見えなかった大好きな羊蹄山が、皮肉にも綺麗に見えるようになっていた。

|

« DRY FLY FISHING | トップページ | 曇り後、心の中は雨・・ »

コメント

いつもこうなんですね
こんばんは。
いつもこうなんですね。
我々が知らない間に工事が始まってしまいます。
河畔林が無くなってしまうと、そこに住む渓魚たちが激減します。
これら工事をする人達、発注する人達は生態系にまでは
興味が無いのか、治水のみしか頭に無いようです。
河畔林も立派に治水の役割をしていると思うのですがね。
それに最近は、わざわざ河畔林を再生させようという
活動まであるというのに!

投稿: 『かわせみ』 | 2007年10月28日 (日) 21:03


今年の初めに河畔林の伐採計画があったと思います
でも、確か中止になったとおもったら密かに
工事していたんですね。
此処は(^H^)がchuel_06さんに連れて行って
もらったあそこですか、非常に残念です。
アノデカパン山女魚は今度は何処へ行くのでしょうか、果してこれから溪魚がこの川で大きくなれるのですしょうか(^H^;)

投稿: (^H^)で〜す | 2007年10月28日 (日) 21:56

残念です
 今日、近くを通った時に、遠目から見たところ、大分工事が進んでいる印象を受けましたが、こんな風になったのですね。

投稿: かます草 | 2007年10月28日 (日) 22:58

Unknown
え〜と、、、こちらの両岸は何かありますでしょか?河川敷の利用、道路、前後に橋など?
もっとナチュラリストが増え権力者の中にも居るようになれば変わるのかもしれない。渓相を気にする釣り人はまだ山奥に行けば、ほんの一部の区間を探せば満喫できる今だが…今後どうなるのかね...

投稿: ビスオー | 2007年10月29日 (月) 00:29

かわせみ 殿
かわせみさん、お早うございます。
そうですね、残念ではありますが現在この手の工事を我々が事前に情報を得るのは難しいです。

河畔林ですが、これは渓流魚とはかなり密接な関係があります。
たとえば水温が25度を越えると渓流魚というのは、生命の危機に陥りますが、知恵の有る魚は涼しい日陰へと避難します。
また山女魚の多くはこの時期ヨコエビを好んで捕食するようですが、そのヨコエビは落ち葉を好んで食べ、ここでも生命の循環が行われています。

今回のここだけの話ではありませんが、失われた物は大きすぎますね。

投稿: chuel | 2007年10月29日 (月) 05:31

(^H^)で〜す 殿
(^H^)で〜すさん、おはようございます。
昨年の8月頃、寒別付近の河畔林を約二千万円を投じて伐採するという計画がありましたね。
景観を損ねるという理由でラフティング業者らが中止を求めていましたが、今回のこの区間はそれとは少し違うようです。

この区間は伐採ではなく護岸工事のようですね。
この下流に合流する某支流も堰堤工事が施工され、本流でもこの少し下流で護岸されてしまいました。

行政というのは自然が嫌いのようで、コンクリで固めれば川は安全だと思っているようです。
インフラの整備はとても大事で、そこに住む住人の方々にとっては命に係わる大事な事ですが、そこに棲む生物にとっても命に係わります。
後十年もすればこの川の川岸は全て護岸された、趣に欠ける川になってしまう恐れすらあるような気がします。

投稿: chuel | 2007年10月29日 (月) 05:40

かます草 殿
かます草さん、お早うございます。
この川にこれ以上の自然破壊は無意味。
本当に残念でなりません。

投稿: chuel | 2007年10月29日 (月) 05:42

ビスオー 殿
ビスオーさん、お早うございます。
この川は大きな川ですから、周辺に橋、国道、畑などあります。
権力者の中にナチュラリストが多く存在しなければ、自然を守っていけないような行政には疑問を感じますね。
たとえそうで有ったとしても、税金を投入して工事をする訳ですから、少なくとも納税者には反対する権利くらいは有ると思います。
そう考えると、自分が少し腹立たしいです。

投稿: chuel | 2007年10月29日 (月) 05:52

難しい事です
お早う御座います。
環境破壊は人間がいる限り続きます、
人間そのものが自然破壊です。
木を切り家を建て鉄とコンクリートでビルを建てる、
山を崩し道路を造り舗装で固め、
石油を燃やし車を乗りCO2を吐き出し温暖化を進め、
ゴミや汚水を出し続ける、
川は氾濫を防ぐ為コンクリートで固め土砂の流出を止める、
それにより海の砂漠化が起こり沿岸の魚は減る。
止める為には人間が文明を捨てるか消滅するしかないですね、
そうすると全てが簡単に解決します。
極論ですが・・・。

すいませんくだらない事を書きました。
私は綺麗な川で釣りが好きす。

投稿: BOB | 2007年10月29日 (月) 07:20

BOB 殿
BOBさん、お早うございます。
BOBさんの言われている事、これは極論でもありますがまさにその通りですね。
ですが現在の文明社会において、自然を保護するのも人間です。
何十年も前に行われていた川に優しくない河川工事、工事そのものの方法などは進化したにせよ、川への負担等では進化していないような感じも受けます。
そういう面においても、進化して欲しいものだと思います。
因みに自分も綺麗な川での釣りが好きです。

投稿: chuel | 2007年10月29日 (月) 08:56

がっかりでしたね。
chuelさん こんにちは
今回護岸工事が為された後方には畑とか人家とか
があったのでしょうか?無かったように記憶して
います。切り立った崖が川に迫っていたような、そんな
ところに絶対必要ないです。喜茂別界隈の尻別川は
渓相など語れなくなっていくのが悔しいですね。

投稿: 釣野好雄 | 2007年10月29日 (月) 12:33

う〜む!
chuelさん、こんにちは。
去年渓流釣を始めるまでは、正直言って河川工事のことを何とも思いませんでした。
釣を始めて無駄な工事?と思うようになり、砂防や堰提見ると「イライラ」するようになりました。
必要な工事もあるとは思いますが・・・
釣人のエゴですが、悲しいですね・・・

投稿: μ | 2007年10月29日 (月) 16:03


こんばんは
BOBさんが言っている事で正解だと思います
でも人間は文明は捨てられません
このままいけば地球がどうなるか気付いている人も結構いるはずですが権力をお持ちの方はあまりそういうことには考えが向いていないような気がします
ノストラダムスの予言は1999のことを言っているではないのかもしれませんね

投稿: TOKI | 2007年10月29日 (月) 21:34

悲しいですね
chuelさん こんばんは
清流日本一に選ばれた川でさえ、この有様。
公共事業という名を借りた自然破壊と税金のムダ使いはいつまで続くんでしょうか。
悲しくなりますね。

ところで釣野さんとまた遭遇したそうで。
なにかとご縁がありますね。(笑)

投稿: あだむすパパ | 2007年10月29日 (月) 21:37

発想の転換
chuelさん こんばんは。
河川等の公共事業を施行する基準が不明瞭ですね。
何処かへ出向いて情報公開の資料を見れば解るのかも
しれませんが・・・。
今は治水の工法もかなり進歩しているはずです。
崩れないようにコンクリートで固めるという発想をそろそろ
止めませんか ?というのが「渓流保護ネットワーク・砂防ダムを考える」というHPに出ていました。

http://www5.plala.or.jp/Y_YUKI/SABO/index.html

私も綺麗な川で元気の良いお魚と遊びたい。

投稿: かげまる | 2007年10月29日 (月) 22:02

日本一が泣いている
また始めましたか!
いつもどこかでいじくりまわしている尻別ですが、
もういいかげんにしてほしいですね。
日本一の清流ということがわかって工事してるのかな。
知事に直訴しましょう。

投稿: yamame | 2007年10月29日 (月) 22:20

う〜む・・・
chuelさん、こん○○は。
う〜ん・・・こういう工事で河畔林の破壊が一番困った
もののように思います。河畔林をなくすと、川岸が
崩れるは、氾濫するわで・・・。そしてまた、それを防
ぐ為に工事をする・・・。まぁ・・・なんとも・・・。
こういう工事は必要だから、行われているのでしょう
が、なかには公共工事という人間の職のための工事も
あったり・・・。こういう理由で破壊される自然はどう
なんでしょうかね。
本当に必要なものだけをやっていかなきゃいけないん
ですよ。まぁ、今の行政だと無理でしょうが・・・。
と、チョット愚痴っぽくなりました^^;;;
ただ河畔林の破壊は許せなくて・・・。僕の好きな西別
川も河畔林が多く破壊されて、川岸があちらこちら
崩れてしまっているので、それを思い出してチョット
熱くなっちゃいました(^^ゞ

投稿: アカガレイ | 2007年10月30日 (火) 00:05

釣野 殿
釣野さん、お早うございます。
今回の工事している対岸側には畑や民家がありますが河川敷や土手もあります。
いつもこの川で釣りをしている方なら知っていると思いますが、その流れは安定していて増水しても減水するのが早いですね。
15年〜20年の大洪水を予想してこのような工事は施されてしまいますが、その洪水を予想してもっと自然な形で治水を出来るはずだと思うのですが。

投稿: chuel | 2007年10月31日 (水) 06:16

μ 殿
μさん、お早うございます。
仕事以外で川に携わる人の中で、釣り人というのは川の中に居る生命、細かなポイント、川の底までしっかりと把握しているものです。
そしてその川がどの位の雨が降ればダメになり、どの位までは耐えられるとデータは無いにせよ通い詰めた川ならわかりますね。
釣り人のエゴは、自然や渓流魚の心の叫びです。

投稿: chuel | 2007年10月31日 (水) 06:22

TOKI 殿
TOKIさん、お早うございます。
人間は文明を捨てられませんが、自然が無ければ生きては行けないですから、自然も捨てられませんね。
ノストラダムスの予言は外れてしまったので、今後は『ノストラTOKI』の予言を皆さんに広めて欲しいと思います(笑)

投稿: chuel | 2007年10月31日 (水) 06:26

あだむすパパ 殿
あだむすぱぱさん、お早うございます。
清流日本一、この尻別川以外の川でも同じ傾向になりますが、皆、護岸やダムそして砂防とズタボロです。
この川は流域一帯に今まで大きな恵みを与え、そこで生活する上で不可欠な川です。
そして自分のような釣り人にも大切な川です。
もう一度川との付き合い方を、行政レベルで考えていかなければならないのではと思いましたね。

以前、昆布川やその周辺の川へ通っていた頃も釣野さんみたいに常に遭遇する方がいました(笑)
その位この水系は人を誘う魅力有る川だという事でしょうね。

投稿: chuel | 2007年10月31日 (水) 06:33

かげまる 殿
かげまるさん、お早うございます。
『渓流保護ネットワーク』は昨年からリンクさせて頂いておりますが、今から4、5年前でしょうか、その内容を見て何度も頷いたものです。
河川工事は多額の税金を投入しているわけで、その内容は川に携わる人以外にも、明瞭にすることが行政には必要ですね。
今の感じの工事だと、知らずに施工されていて殆んどゲリラ工事ですよ。
綺麗な川は釣り人ならずとも、皆好きなはずです。

投稿: chuel | 2007年10月31日 (水) 06:38

yamame 殿
yamameさん、お早うございます。
日本一の清流尻別川ですが、行政は渓相の悪さも日本一にしたいのかと思う程、コンクリで固められてきました。
この川を再生させようと頑張っている方も居れば、そんな事はお構いなしの行政も有って、とても難しい問題だと思いますね。
知事に直訴というよりはyamameさんを知事に!!
自分の尻別川に対する邪な一票は必ず入りますw

投稿: chuel | 2007年10月31日 (水) 06:42

アカガレイ 殿
アカガレイさん、お早うございます。
まさに悪循環ですね。
自分の釣りはとても悪循環の繰り返しで嫌気が差すことが有るのですが、それ以上の悪循環がここにありました。
今の行政のやりたい放題を見れば愚痴っぽくもなりますよ。
ココ何年もこの川は愚痴がこぼれるような事ばかり、悲しくなってきました。

投稿: chuel | 2007年10月31日 (水) 06:47

こんにちは。
お引っ越ししたのね。
同じココログじゃないですか今度は少し軽くなりますね、良かった良かった!

投稿: BOB | 2007年11月18日 (日) 17:37

BOBさん、こんばんは。
色々と比較検討した結果、ココログとなりました。
実際の引越しも同じですが、結構大変ですよ~( ノД`)

投稿: chuel | 2007年11月18日 (日) 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488063/8945906

この記事へのトラックバック一覧です: 失われた宝物:

« DRY FLY FISHING | トップページ | 曇り後、心の中は雨・・ »