« FlyFishingへ出かけよう! | トップページ | 滝と釣り人 »

2007年10月 9日 (火)

伝説の男と

こんにちは。
伝説の一部になってしまったchuelです。

20071009_092_1
この日はいつも仲良くして頂いている、ヒグマのお庭でこっそりフライIN北海道のアカガレイさんとの初釣行。
釣行時のトラブルをも楽しい記事に変えてしまう伝説のアカガレイさんにお逢い出来るという事で、凄く楽しみにしていた。

20071009_092_2
前日から雨が降り道中横目に見る川は全て大増水。
予定していた川も増水で釣りにならず、アカガレイさんのガイドで増水の少ないであろう川へ案内して頂いた。

20071009_092_3
一本目に案内して頂いた川はとても素敵な岩魚の川。
小さな川なので8.6fの竿を使うアカガレイさんには少し難しいのではないかと思っていたが、とても上手に釣り上がり思わず感心してしまった。


20071009_092
次に案内して頂いた川も、渓相抜群の素晴らしい川。
アカガレイさんはフライフィッシングをはじめて二年目とおっしゃっていたが、ここでもとてもそうは思えない素晴らしい釣り上がりをしていた。

20071009_092_15
この画像の滝が終点。
渓流に突如として現われる滝は、何度見ても良いものだ。

20071009_092_25
最後に少し時間が有ったので二人で探渓。
よくこんな小さな川で、あんな長い竿を振れるもんだとまたまた感心。
釣果的には様々な悪条件が重なり超貧果となってしまったが、アカガレイさんのおかげでやたらと楽しい釣行へと変貌した(笑)

20071009_092_24

因みにこの日もなかなかお目にかかれない伝説を一つ、アカガレイさんは作り上げていた。。。

|

« FlyFishingへ出かけよう! | トップページ | 滝と釣り人 »

コメント

伝説の男!
こんばんは。
今回は道南の伝説の男と同行でしたか。
A氏とは一回だけ同行しました。精力的に攻める
姿勢が好感をもてました。
かなりの健脚ですね。
今回はかなりマニアックなフィールドですね。
この辺は藪川同盟が好きそうなところですw
道南の友との交流は来シーズンも続くのが楽しみです。
いい出会いができました。

投稿: yamame | 2007年10月 9日 (火) 22:58

道南?
chuelさん こんばんは&お帰りなさい。
今頃は長距離運転で疲れ、夢の中でロッドを振っている
ところでしょうか。
道南はいかがでしたか?blog見りゃ判るだろ?
はい、その通り!でも道南好きですねぇ。
もしかしてタノシー族のルーツは南の山岳地帯?ですかね。

アカガレイさんは私と同様、楽しい方のようですね。(w)


投稿: かげまる | 2007年10月 9日 (火) 22:58

きょうは・・・
脳内メーカーをやったら頭の中が全部“友”だった友達のいないparuです。

今日はホームリバーではなかったのですか?
自分はまた先週と同じ場所でマッタリしてました。
もう少し水温が下がればドライ面白くなりますよ〜〜。

投稿: paru | 2007年10月 9日 (火) 23:02

とどまることがないですね
完全に神出鬼没ですね、かわせみさんの絨毯爆撃ローラー作戦とは、完全に違いますね。
ルパン三世のような身のこなしで釣行ですね。
(^H^)はただ大きな口空けて見ているだけですが、
本当に精力的ですねえ〜、年越までまだ70日ほどあります、あと30回は溪で竿を振っているのでしょうかくれぐれも怪我のないように頑張って下さい
(^H^) !(^H^)! 

投稿: (^H^)で〜す | 2007年10月 9日 (火) 23:11

トランクを閉める前には確認を
chuelさん、こん○○は。
今回は僕の伝説作りに付き合っていただき有難うございました^^これが増水しておらずポカポカ陽気なら、伝説を達成できなかったので、前日の雨に感謝ですね・・・ってこれはヤケクソですね^^;;;
あと・・・この日のブログは僕への褒め殺しですか^^
読んでて照れちゃいました(^^ゞ
それでは、またこれに懲りずご一緒してくださいね♪

投稿: 伝説の男 | 2007年10月10日 (水) 00:28

おつかれさま
こんばんは。
先ほどまでの渓に立っていたのが嘘のようです、
足腰の疲れがそれが嘘でないのを実証してくれます、
少々痙り気味ですが。
伝説の男はやはり伝説を作り続けなければなりませんよね。

投稿: BOB | 2007年10月10日 (水) 00:31

yamame 殿
yamameさん、お早うございます。
A氏は何事にも一生懸命で真っ直ぐな性格なのでしょうね。
会話や釣りからその性格が伝わってきて、自分もこの曲がった性格を治さなければならないと思いました( ノД`)
ブログをやっていなければ、逢う事などなかったであろう道南のお二方、来年もまたご一緒出来るのが楽しみです。
って来年は某yamame氏も無理矢理お誘いして、足がこたるまでお付き合いして頂こうとたくらんでおります( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: chuel | 2007年10月10日 (水) 07:21

かげまる 殿
かげまるさん、お早うございます。
今回は既に渓流のシーズンを外れているので、釣果そのものは殆んど期待していませんでしたね。
いつ起こるかわからない伝説をこの目に焼き付けるべく参じたのですが、リアル伝説を確認出来楽しかったですよw
かげまるさんは熊を寄せ付けませんが、アカガレイさんは過去何度か遭遇事故を起こしていますww
足して2で割れば丁度いいかも!!

投稿: chuel | 2007年10月10日 (水) 07:25

paru 殿
paruさん、お早うございます。
釣り人の友達は、湖や川の中に居るものです(涙)
最近は道南もホームリバーのようなものですよ!!
ただ移動に4時間ほどかかるのが難点ですが・・・

まだ支笏湖は水温が高いのですか?
ここで大物を上げて是非ブログ等を作って、悪い釣り友達を増やしましょう!!
因みに自分は良い釣り友達です!! 【壁】彡サッ

投稿: chuel | 2007年10月10日 (水) 07:28

(^H^)で〜す 殿
(^H^)で〜すさん、お早うございます。
絨毯爆撃ローラー作戦・・・・
なんだかその作戦は釣りの作戦だとは思えないのですが・・・w
今週からまた気温が下がり、水温も下がるでしょうからもうそろそろ終りかなと思っています。
それでもチャンスが有れば渓へ出向きたいですね。

投稿: chuel | 2007年10月10日 (水) 07:37

伝説の男 殿
伝説の男さん、お早うございます。
先日は悪条件の中お付き合いいただき有難う御座いましたペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ
このブログは伝説の男に焦点を当てたので、写真を沢山UPしておきましたよ!!

褒め殺しではなく見たままの感想ですよ、自分の二年目はニ投に一回は引っ掛けていましたし、あんな小さな川で竿など振れませんでしたから( ノД`)
是非また何処かへ釣りに行きましょうね!!!

投稿: chuel | 2007年10月10日 (水) 07:44

BOB 殿
BOBさん、お早うございます。
先日はとても楽しいお時間を有難うございました(*- -)(*_ _)ペコリ
先日は今年の道南遠征の中で一番睡眠を取れたので、帰りの運転も寝ずに帰れましたよ〜〜w
伝説の男さんにはこれからも楽しい伝説を作って頂きたいですね。
でも熊関係の伝説はBOBさんも作る可能性が高いので、本当に気をつけて下さい!

投稿: chuel | 2007年10月10日 (水) 07:48


おはようございます
条件的に仕方がなかったとはいえフライにしては細い川で釣りましたね
フライマンにもかかわらずそんな逃げ道をちゃんと知ってるアカガレイさんは
さすがです
でも私にとっては平水時にもかなりヒクヒクする川です
BOBさんはさすがにこういう川だと両脇が狭すぎてつかえて入れないようでさすがに全然登場しませんねぇ
(^^)
温泉でゆったりしながらの釣行は余裕があっていいですね 私も年内に1回は行きたいと思っていますが・・・魚があまり釣れなくてもこんな川を歩けるならそれでOKです

投稿: TOKI | 2007年10月10日 (水) 08:48


chuelさん、お早うございます。
道南遠征、いいなぁ〜!
山岳渓流、いいなぁ〜!
貧果でも、1尾掛かればいいんです!
最後の写真、滝のような流れでイワナ君居ました???

投稿: μ | 2007年10月10日 (水) 10:09

TOKI 殿
TOKIさん、こんにちは。
条件的に良かったとしても、この位の川がベストです(笑)
道南は道央とは違い小さな川でも釣り易い所が多く、ワクワクする川が多いような気がします。
アカガレイさんの川のレパートリーは、なかなか豊富ですね、熊の巣になっている所が多いですが・・・w

BOB氏の所の温泉は良いですよ〜、必ず寝そうになりますw
それと料理が・・・あれだけでも泊まる価値が有って、そして何よりも安い!!
んでもってBOBさんが熊の匂いや足跡の有る所へ連れて行ってくれるし、山や川の事を色々と教えてくれて言う事無しですねぇ。
雪が降ると運転が辛いので降る前に是非!!!!!

投稿: chuel | 2007年10月10日 (水) 16:36

μ 殿
μさん、こんにちは。
アカガレイさんや、BOBさんのような名ガイドが居なければ道南遠征もそんなに行こうとは思いませんが、あの気さくでありながら熊をも恐れない二人のガイドは楽しいですね。
人それぞれ釣りをする目的や趣がありますから、それがもし同じであれば、魚がたいして釣れなくても楽しい時間が過ごせると思います。

滝の中に魚は居ないと思いますが、何処の川でも滝下、滝上に魚は居るものですよ〜。
ここもカップリングしていてフライを無視されましたが、もちろん岩魚が沢山いました。

投稿: chuel | 2007年10月10日 (水) 16:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488063/8941417

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の男と:

« FlyFishingへ出かけよう! | トップページ | 滝と釣り人 »