« 祝! 清流日本一!  | トップページ | 尺岩魚の楽園 »

2007年9月 3日 (月)

心の痞え

こんにちは。
特技は?と久しぶりに聞かれて、『キャベツの千切り!』と答えた事に後悔しているchuelです。。

20070902_003
このブログを閲覧してくださっている方の中で、この画像を覚えている方はいるだろうか。
前回ここへ探渓した時の釣果は、5時間以上の遡行の中で僅か一尾の岩魚のみだった。
その時は小滝の多い渓相と砂防ダムの影響から魚が少ないのだと思っていたが、時期的なものも有るのではないかとも思っていた。

20070902_006_2

いつかは再訪し前回の釣行より上の区間を探ってみようと思っていたのだが、一人では心細く躊躇していた。
そして何よりも魚が釣れなくてつまらない釣行になる可能性もあるので、同行の誘いもどうかなと思っていたが、このお二人が快く同行して下さった。
ちなみに右は大物ハンターでお馴染みのルアーの名人かげまる氏、左は魚が居れば逃す事はまず無いという伝説の爆釣王TOKI氏

水量は前回よりかなり減水している。
コンディションは良くはないが、きっと何か釣れるはずと思い竿を出すと1分もしないうちに一尾釣り上げてしまった。
こんなにすぐに結果が出るとは・・
という感じだったが魚が居たので嬉しくもある。

200792_036
今回は前回の脱渓点付近から入渓したのだが、すぐに大きな堰堤が有りそれを高巻く。
画像は堰堤の高巻き途中。 (撮影:TOKI氏)

20070902_007
高巻き無事終了。
堰堤の上はやはり堰堤の上の渓相を成していて、砂利などが蓄積し渓相を壊していた。
この不必要と思える堰堤により、河川は分断され、生態系を崩している。
名流尻別川も、一支流のこんな一つの堰堤の存在により川が細くなってしまう。
はっきり言ってしまえば、ただの税金の無駄使いだ。

20070902_018
堰堤を高巻きし少し行くと、この川らしい素晴らしい渓相を成していた。
当初は魚なんて居ないのではと思っていたこの川、この付近まで来ると岩魚が息づいていて川に生命感を感じる。

20070902_029
はじめて見る渓相に感動、こうなると疲れなど一切感じなくなりワクワクした気持ちだけが心を支配しはじめる。

20070902_038
しばらく行き見通しの悪い左カーブを曲がると、こんなスロープ状の滝が現われた。
思わず声を上げてしまい、また感動してしまった。
探渓の途中にこんな素敵な渓相を発見した時は、少し得をした気分になれる。

20070902_045
この付近まで7時間程は釣り上がっているだろうか。
一人なら怖くなってしまいそうな山奥でも、お二人のおかげてとても楽しい。

20070902_048
先程のスロープ状の滝を越えた付近、川幅も少し狭まってきた。

20070902_055
この付近まで来ると先程の滝の影響か、三人共に反応が無くなってきた。
帰りの道のりも有るので、ここで今回の探渓を終了。
帰りの川通しと林道の歩きの約一時間半、良い汗をかきながらこの川を後にした。

自分の心の痞えを取り除くための、釣果の当ての無い釣りを快諾してくださったお二人には、心より感謝致します。

今回の探渓の詳細は、 渓流IN北海道 または かげまる日記 にて、いつの日か?UPされると思いますので、そちらも合わせてご欄下さい。

P9020028
かげまる氏に画像を頂いたので、追加UP!
↑画像は 『もう少し魚を釣りなさい!!』 と、かげまる氏に渇を入れられている冴えない釣り人(涙)

|

« 祝! 清流日本一!  | トップページ | 尺岩魚の楽園 »

コメント

探険隊?
chuelさん、こんにちは。
こりゃまた、ついに慣行しましたか。
探渓と言うより、探険ですよ!リハビリ明けのかげさんまでとは・・・恐れ入りました!
心の痞えが取れて、良かったですね!
しかし、凄いわ!絶対に真似できません。
流石、chuel隊長!何処までも・・・でも気をつけて!

投稿: μ | 2007年9月 3日 (月) 16:06

μ 殿
μさん、こんにちは。
かげまるさんはまだ腰が悪いようですね、でも釣りの最中は平気みたいでしたよ。
そして何よりも帰りの林道で、『林道最高!』と言っていました。
川通しが歩き難いのはわかりますが、林道最高とか言い出したらもうヤヴァイですw

投稿: chuel | 2007年9月 3日 (月) 16:56

chuelさん
こんばんは。
昨日はありがとうございました。お陰様で楽しい時間を
過ごせました。
いきはよいよいかえりはこわい〜♪という歌もあるように、
7時間以上遡行すると、林道もレッドカーペットに見える
場合もあります。(w)
昨夜は22:00には寝ました。今のところ、筋肉痛も腰痛も
ありませんよ!明日か?

投稿: へたれ隊員@かげまる | 2007年9月 3日 (月) 18:16

どもども
毎度様です(^^

すごい、、、こんな奥にまでいったことがありません、、
ずっと上にまで岩魚がいていいですよね
上流に岩魚がいるとほっとします。。。

最近はすっかりご無沙汰の源流釣行
秋が終わる前に一度くらい出かけようかなあ・・

投稿: NaO | 2007年9月 3日 (月) 19:13

ひとつの川で
こんばんは。
すごいですね、ひとつの川で7時間も釣りをするという事は
私の場合、ほとんどありません。すぐ飽きてくるからでしょう。
だから勝負の早いやまべ釣りを選んだという事もありますが、
尻別川の場合どうやらそれが当てはまらないようです。
でも、これで諦める事はできないのでもう少し頑張ってみます。

ところで、私のリンク先の『博のやまべ釣り日記』さん
のHPをご覧になりましたでしょうか?
今回たまたま針を呑まれてしまい腹を割いたところ
抱卵していたという事です。
尻別川のやまべ、もっとっもっと抱卵してほしいです。
今回は、単純に喜ぼう思っています。
尻別川のやまべ、抱卵万歳・・・です!

投稿: 『かわせみ』 | 2007年9月 3日 (月) 20:31

甘いパン好き
こんばんは
この釣行のことを聞いてから
あれこれと想像していましたが
思っていたよりずっといい渓相でした
砂防ダムが余計ですね
それがなければどんなに良い川かと思うと
残念です
わたしは仰せの通り
いつの日かUPしますね

投稿: TOKI | 2007年9月 3日 (月) 20:31

更に上が気になる・・・
chuelさん、こんばんは。
やはり行ってきましたね 私にも気になっている渓が多くありますがなかなか行く機会が無くて・・・
行ったら行ったで又その上が気になっちゃいます ほんときりが無いですよ
結局行き着くところまで行かないと気がすまないのが釣師なんですけどね そこで思いもよらない出会いがあると本当に得した気分になりますよね
さぁ!次はいよいよリベンジですか〜

投稿: iwana47 | 2007年9月 3日 (月) 20:36

渓流の顔
chuelさん、こんばんは。
やはり、行きましたか〜
私もこの川のことが気になっていました。段差があってとてもよい渓相ですね。鹿部近郊の渓流に似ています。ほんと。。渓流っていいですね。釣行の途中で、少しだけ水中に沈んだ平らな石に腰掛けて、火照った下半身を澄んだ水で冷却すると気持ちいいです。
さあ、今週も懲りずに行ってきま〜す!

投稿: zabadak1115 | 2007年9月 3日 (月) 20:55

釣り???
chuelさん、こん○○は。
今回のブログの写真を見ている限り、釣りしているようには見えないです^^なんだか、ジャングル探検でもしてるみたいで^^;;;
でも、こういう感じの場所って歩いているだけで楽しいですよね。さすがに一人で行くには勇気がいりますが・・・。
スロープ状の滝なんてサイコーですね♪

投稿: アカガレイ | 2007年9月 3日 (月) 23:48

かげまる 殿
かげまるさん、お早うございます。
先日は有難うございました。
7時間以上も歩くと流石に疲れましたね〜。
自分も筋肉痛はありませんが、三日後に脹脛あたりにきそうですw
それはそうと、かげまるさんは山奥の釣りや源流釣行にはもってこいの人ですね。
常に笑っている声がとても響いていましたよ〜。
今度道南の山奥にでもご一緒しましょう!!

投稿: chuel | 2007年9月 4日 (火) 04:45

NaO 殿
NaOさん、お早うございます。
川に魚が居るということは当たり前の事ですが、何故か安心できますね。
今回の川もどうなる事かと思っていましたが、魚が居て本当に嬉しいです。

山女魚狙いの大川も好きですが、自然の音しか聞こえない源流や上流部もまたいいものですよ〜。

投稿: chuel | 2007年9月 4日 (火) 04:49

かわせみ 殿
かわせみさん、お早うございます。
自分も最近は諦める事や、切り上げるのが早くなってきました。
以前は7時間なんて当たり前だったのですが最近は仕事の関係や、老化?のせいで辛くなってきました〜。

先程かわせみさんのリンク先のHP拝見させて頂きました。
抱卵しているのは嬉しいですね。
川に残るタイプの魚というのは、生存競争に勝った強い魚ですから大事にして行きたいですね。
自分も嬉しい限りです。

投稿: chuel | 2007年9月 4日 (火) 04:53

TOKI 殿
TOKIさん、お早うございます。
先日は有難うございました。
あの区間も良い渓相をしていましたが、あの下の区間もまた素晴らしい渓相をしています。
ですが先日高巻きしたのを含め、堰堤が確認出来ただけで3つあるんですよね。
本当に余計なもので、必要性を全く感じませんね。

投稿: chuel | 2007年9月 4日 (火) 04:56

iwana 殿
iwanaさん、お早うございます。
そうですね、一度行ったらその上が気になる・・同感です。
そうやってこの尻別川水系も開拓してきましたし、これからもそうするでしょう!
今回の滝は本当に感動しました、こんな事が有るから探渓はやめられませんね!

投稿: chuel | 2007年9月 4日 (火) 04:58

zabadak1115 殿
zabadak1115さん、お早うございます。
この川落差が有って遡行は大変ですが、気持ちの良い釣りが出来ました。
夏場は体を冷やすのは本当に気持ちがいいですね。
それと川原で昼寝も最高です!!
今週も尻別ですか?頑張って下さいね〜!!

投稿: chuel | 2007年9月 4日 (火) 05:01

アカガレイ 殿
アカガレイさん、お早うございます。
今回のこの釣行はワクワクした反面、少し不安でも有りました。
でも岩魚が居てくれて、嬉しい限りでしたよ〜!
流石に一人では怖いですが、三人居れば楽しい釣行へと早変わりしますねw

投稿: chuel | 2007年9月 4日 (火) 05:13

源流は楽し!!
chuelさん、お早う御座います。
源流の探釣はホント楽しいですね、
初めての渓なんかは特にですワクワクしてしまいますね。
しかし7時間の遡行は凄いですな今頃足を痙っていたりして(⌒_⌒)
これで10時間くらいの釣行は可能と解りました、
こちらに来たときは覚悟しておいて下され。

投稿: BOB | 2007年9月 4日 (火) 06:15

ちょっと考えてみましたが
 釣り人が出来ることって、川に関心を持ってくれる人を増やすために「川の環境がちょっと変だぞ」って情報発信を続けるとか。川の環境について記録とデーターを残すとか。「釣り人のせいで、川の環境が悪くなって魚が減った」って言われないようにするとか。そんな月並みで、時間の掛かることしか思いつかないです。
 昨年、川の環境を考える公開シンポジウムを聞きに行った時に、お役所の若手の人が将来的に「いろんな立場の人が関る川作り」が出来るように勉強会をしているとの話が出ていました。ただ、それが実現されるかは、世論の後押し次第だそうなので、釣り人としては今は頑張りどころかもしれません。ちょっと、堅い話ですいません。
 

投稿: かます草 | 2007年9月 4日 (火) 19:23

BOB 殿
BOBさん、こんばんは。
探釣は本当に楽しいですね!
行った事の有る川でも、知らない区間にはじめて踏み入った時の緊張感やワクワクはたまらないです。
今日は朝からプチ引越し&ネット回線接続のため釣りに行けなかったので、足は攣っておりませんです!
10時間ですか〜、ちなみに体調万全なら余裕かも!
こんな発言をしてしまったら後が怖いですが、覚悟しておきま〜す!!

投稿: chuel | 2007年9月 4日 (火) 21:29

かます草 殿
かます草さん、こんばんは。
そうですね、将来の明るい釣り場を築くには一個人として出来る事は可能な限り努力していかなければならないと思います。

釣り人が居るから河川環境が悪化しているという考え方の方がもしいるとしたら、それは実情を知らない方でしょうね。
事実釣り人主体で河川環境を考え、行政に働きかけているNPO法人や個人もいます。
ただほんの一握りの心無い釣り人により、そう見られるのは仕方の無い事なのかもしれませんね。

そんな風に見られないように個人のモラルや、おおまかなフィッシングルールは身につけておかなければと思います。

投稿: chuel | 2007年9月 4日 (火) 21:38

凄いことなんでしょうね
どうも皆さんのコメントを観ていると凄い源流域
源頭近くまで釣り上がったようですね。
沢歩きをするいでたちの方が良いのではないでしょうか。
それにしても溪魚を追求める姿はchuel_06さんも
”オオカミ釣師”ですね。

投稿: 苫小牧(^H^)で〜す | 2007年9月 4日 (火) 22:27

苫小牧(^H^)で〜す 殿
苫小牧(^H^)で〜すさん、こんにちは。
この川まだまだ奥深く、源流域はまだ先ですね。
それでもここまで遡行するにはそれなりの努力が必要な場所なので、釣り人が入った形跡はありませんでした。
一応釣り人なので沢歩きの方の格好はちょっと・・・w
今回は岩魚が居てくれたおかげて、とても楽しい釣りになって良かったです。

投稿: chuel | 2007年9月 5日 (水) 17:19

諦め・・・。
こんばんはchuelさん。
昨日は休竿日だったのですね。
乾くことのないchuelさんのウェーディングシューズもさすがに乾いたのでは?

支流、本流と回って来ましたが全然ダメでした。
もうヤマメは諦め、子孫繁栄を見守ることにします(笑)。
帰りに立ち寄った支笏湖で久し振りに持った#8ロッドの重いこと・・・今日は右腕パンパンです(笑)。

支笏湖はまだまだシーズンインは先のようです。

投稿: paru | 2007年9月 5日 (水) 21:43

美渓
美しい渓相を楽しむには山深く遡行しないとダメな時代ですね...。あぁ、体力が欲しい(悲)

投稿: ビスオー@ヘタレ | 2007年9月 5日 (水) 22:36

paru 殿
paruさん、お早うございます。
シューズはまだ半渇き位ですよ〜w
この時期はいつも居付いているポイントや区間にはもう山女魚は居ないですよね。
やはり9月は産卵期ですから、山女魚も上流部へ遡上してしまったのでしょうね。
近々岩魚か虹狙いの釣りでも如何ですか?
それなりに釣れる川なら沢山知ってまっせ!!w

投稿: chuel | 2007年9月 6日 (木) 05:06

ビスオー 殿
ビスオーさん、お早うございます。
渓相を楽しむ釣りの場合、その方の思考の問題ですからねぇ。
人造湖が心地好く感じる方もおられるでしょうし、手付かずの源流部が好きな方もいます。
自分は手付かずの源流部や上流部が好きなので、結構山奥まで一人で行ったりしていました。
が、最近は怖くなってきました〜(笑)

投稿: chuel | 2007年9月 6日 (木) 05:09

無理はできない...
>chuel_06さん
おっ、chuel_06さんから「怖い」だなんて聞けるとは…意外だなぁ〜
渓流の遡行はいつ動けなくなるような怪我をするかわかりませんよね〜。私はまだありませんが…chuel_06さんなら捻挫でやっと車まで辿り着いたとか経験しているのでは?

投稿: ビスオー | 2007年9月 6日 (木) 23:22

ビスオー 殿
ビスオーさん、お早うございます。
一人ではじめての渓を行くのは、源流部でなくても正直怖いものですよ。
ただその怖さより少しでも楽しさや興味が勝ると、行ってしまうんですよね。
今ままで車まで辿り着けなくなるような怪我は幸いにも有りませんが、崖から落ちて運良く木に引っ掛かったとか、高巻き途中に掴んでいた石が剥れて転落とかは有りますねぇ。
でも一番痛かったのは、あと車まで数百メートルの所で転んで膝にヒビが入った事です。
もちろんその後も普通に釣りをしましたけどねw

投稿: chuel | 2007年9月 7日 (金) 04:51

変えたね
なんか〜ブログタイトル写真がデカパン山女魚から
秋の空に変ったね。
chuel_06さん、失恋でもしたの〜。
今の(^H^)の職場は若い女性や中年の女性も沢山
いるよ〜
ほ〜Macで毛針も売っているよ !(^H^)!

投稿: 苫小牧(^H^)で〜す | 2007年9月 9日 (日) 23:43

苫小牧(^H^)で〜す 殿
苫小牧(^H^)で〜すさん、こんばんは。
自分の中では今期の山女魚釣りに終止符を打つべく、タイトルバックの画像を変更してみました。
来年は尺山女魚をバックにしたいと、密かに思っているアホなchuelで御座います( ノД`)シクシク…
山女魚のシーズンが終わるのは失恋したも同然です(笑)

投稿: chuel | 2007年9月11日 (火) 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488063/8930928

この記事へのトラックバック一覧です: 心の痞え:

« 祝! 清流日本一!  | トップページ | 尺岩魚の楽園 »