« 未知の源流へ | トップページ | FlyFishingへ出かけよう! »

2007年9月25日 (火)

探渓の喜び

こんにちは。
久しぶりに15時間も寝てしまい少し損した気分のchuelです。

20070923_006
この日は渓流IN北海道のTOKIさんとの探渓。
某本流の上流部へと足を運ぶも、増水していたため急遽川を変更し支流へと潜り込む。

20070923_024
本流との合流点近くから入渓し釣り上がる。
ポイント毎に新子山女魚の反応があった。

20070923_029
少し陽が高くなってきた頃、新子山女魚とは違う引きが。

20070923_035
この日はじめて釣れた岩魚。
川底が白っぽいためか、魚体も白っぽくとても綺麗だ。

20070923_051
しばらく行くと滝が現われる。
はじめての渓で滝を発見すると、いつもながらに得をした気分になれる。

20070923_088
途中二つの支流を合わせていた。
きっとTOKIさんの事だから支流へ行ってしまうのではないかと心配になり、合流点まで引き返す(笑)
↑画像はその二つの支流より上流、川幅も狭まり落差も出てきた。

20070923_105
↑画像はこの川の源流域。
水量も少なく流石に反応も薄くなるかと思っていたが、ここからがこの川の本域だったようでポイント毎に反応がある。

20070923109
尺には少し届かないが、なかなか良い型が顔を見せてくれる。

20070923_107
先程よりも落差が激しくなり、釣り場としてのこの川もあと少し。
ここを登りきると・・

20070923_117
素晴らしい滝が現われた。
ちなみにこの落ち込みでも岩魚が顔を見せてくれた。

20070923_127
二つ目の滝釜を釣るTOKIさん、ここでは何も反応は無し。
そしてこの滝を越えると・・

20070923_133
垂直に落ちる大きな滝の姿が。
この滝は流石に魚の遡上は不可能、この先の渓相も見てみたかったがそれなりの装備がないと危険なのでここで探渓を終了した。

一つの川を上り詰めたという達成感は、何にも例え難い気持ち良さがあり大満足の探渓となった。

|

« 未知の源流へ | トップページ | FlyFishingへ出かけよう! »

コメント

空気感がいい。
 渓流の気持ちよい空気が漂ってきますね。なんだか、忙しくて2週間ほど竿を握っていません。今週末こそは・・。

投稿: かます草 | 2007年9月25日 (火) 13:06

今度は何処へ
chuelさん、こんにちは。
探渓ラッシュですね!
次は何処の渓でしょうか?楽しみ半分?羨ましさ半分?
ゆっくり釣したい・・・あの渓へのリベンジもあるし!

投稿: μ | 2007年9月25日 (火) 14:04

今回も
chuelさん こんばんは。
今回もまた、奥まで入りましたねぇ!
ココまで行くには何時間掛かったのでしょうか?
気力体力の無い私には真似が出来ません。
chuelさんは体育会系?

投稿: かげまる | 2007年9月25日 (火) 21:12

すみません
こんばんは。
掲示板に書き込み有難う御座います。
突然自分の掲示板に返答の書き込みが
出来なくなってしまいました。すみません!

15時間も眠れるなんてうらやましいです。
眠る事にもエネルギーが必要ですので。

一つの川を上り詰めると言う事、なかなか出来ません。
もう私には無理のようですので、チャラチャラと
遊んでいる事にします。

投稿: 『かわせみ』 | 2007年9月25日 (火) 21:30

TOKIワールド
こんばんは。
うーぬ、さすがTOKIさんの好きそうなフィールドですね。
貴公子とかアタシもこんなマニアックな渓が好きですよね。
そんな願いを叶えてくれるのがMR.Tですわ。
この裏路地感が(・∀・)イイヨイイヨー

投稿: yamame | 2007年9月25日 (火) 22:07

支笏もいよいよ・・・
こんばんは。
探渓ご苦労様です。いつもながらchuelさんたちの健脚には脱帽です。体力続く限り全ての渓流を制覇して下さい(笑)。

支笏も秋シーズン開幕です。今日、二度もフロロ4X切られました。支笏のトラウトは強いです。

たまにchuelさんもどうですか?

投稿: paru | 2007年9月25日 (火) 23:00

TOKIワールド
TOKIワールドにはまったと言うか、かげまるさんや
Yamameさんもμさん、そしてchuel_06さんも。
chuel_06さんは始めから源流と言うか細流も本流もこなし、素晴しいバイタリティです。
そのうち神話がささやかれますね。
”chuel_06の後に溪魚出ず”ましてや"魔王TOKI”も
一緒となればなおさらですね。
恐るべし・・・・・ m(_H_)m 

投稿: 苫小牧(^H^)で〜す | 2007年9月25日 (火) 23:19

いいっ!
chuelさん、こんばんは。
↑8番目のタテのアングルの写真が最高にカッコイイですよ
水の透明感と太陽光線がイワナを引き立たせてますね! ぼくも、こんなイワナが釣りた〜い

投稿: aka | 2007年9月25日 (火) 23:32

かます草 殿
かます草さん、こんばんは。
秋の渓流はなかなか気持ちが良いですね。
二週間も竿を振っていないのですか〜!
自分の場合は仕事が明け方に終わるので、そのまま川へ直行し睡眠時間を削って釣りをしてしまう事があるのですが、あれはダメですね。
時間潰しの仕事とはいえ、眠くて辛いっすw
今週末は天気が良いようなので、是非楽しんで来てください!

投稿: chuel | 2007年9月25日 (火) 23:51

μ 殿
μさん、こんばんは。
自分は山女魚シーズン以外は、いつも探渓をします。
この日のこの川は大当たりでしたね、魚が釣れるのも楽しいですが、最後の滝を見れたのが最高でした。
リベンジの渓、今週末辺りに行ってこようかと思っております。

投稿: chuel | 2007年9月25日 (火) 23:53

かわせみ 殿
かわせみさん、こんばんは。
そうなんですよ〜眠るのにも体力が必要ですよね!
最近は眠ることの他に食べるのにも体力が必要だと感じだしてきました( ノД`)
釣りのスタイルは様々、自分も山女魚シーズンは移動の繰り返しで落ち着きがありません(笑)

投稿: chuel | 2007年9月25日 (火) 23:54

かげまる 殿
かげまるさん、こんばんは。
最近コメント前後する事が多くなってきたchuelです、どうも!
この川は流程が短い川なので、上りつめるまでは5時間位だったような気がします。
自分は皆さんのような体育会系ではありませんね。
系統で言えばワクワク系。
ワクワクすると帰りの事や熊の心配も忘れて遡行しますww

投稿: chuel | 2007年9月25日 (火) 23:58

yamame 殿
yamameさん、こんばんは。
この川、TOKIいつも爆釣大魔神さんには少し川が大きいのではないかと思っていましたw
マニアックとはchuel君に失礼ですよ!!
自分は至って普通です(笑)
この川はTOKIさんもはじめての川だったようですが、ここへ着くまでや帰りの川の事など本当に詳しくて、聞いているだけでも楽しかった!
あの人はいつか北海道の川の生き字引になると思われますww

投稿: chuel | 2007年9月26日 (水) 00:01

paru 殿
paruさん、こんばんは。
健脚といっても、帰りには足攣りまくりです(笑)
4Xのフロロブッチギリって、クジラか何か釣り上げたのでしょうか?ww
支笏湖では船から釣りをした事もありますし、フローターを浮かべた事も有るくらい好きな湖です。
たまにはいいかな〜と思うのですが、今ならきっと3番を持って流入河川へ行ってしまうのではないかと・・w
また近々ご一緒しましょうね!

投稿: chuel | 2007年9月26日 (水) 00:06

苫小牧(^H^)で〜す 殿
苫小牧(^H^)で〜すさん、こんばんは。
自分は本流も細流もこよなく好きですが、漏れなく貧果ですヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
その神話は少し違いますねぇ。
こんな小さな川でも、自分の後ろを釣るTOKIさんはしっかりと爆釣しておりましたw
途中自分の後では釣れないのではないかと思い、『交代で釣り上がりませんか?』とお聞きしたのですが、『釣れてるよ』の一言、心配して損した気分ですww

投稿: chuel | 2007年9月26日 (水) 00:11

aka 殿
akaさん、こんばんは。
写真を褒められるとは思ってもみなかったので、正直恥ずかしいですw
いつも渓流で魚を釣り上げても、山女魚以外はあまり撮らないんですよね。
でもこの日の岩魚は魚体が綺麗で思わずポチっとしてしまいました。
akaさんにはこんな小さな岩魚はどうかと・・
イメージ先行ですが、akaさんには大きな鱒が似合っていますよ!

投稿: chuel | 2007年9月26日 (水) 00:15

元気ですね〜
chuelさん こんにちは
凄いところまで行かれましたね。
この川の帰りはどうだったのですか?川通し?
それにしてもきっちり釣るchuelさんはえらい!
(tokiさんはおいといて)こんな川でフライで
きちんと結果を出せるのは15時間も寝たからかな?
いずれにしても攣り人の鏡です。

投稿: 釣野好雄 | 2007年9月26日 (水) 11:35


こんにちは
先日はありがとうございました
本流の増水により予定変更したおかげで
この川に行けました
いくつかあった選択肢の中からchuelさんが
ここを選んでくれたおかげです
短い川とはいえなかなか最後まで行ける機会は少ないですからね
あの緑の滝壺
カムイワッカのような温泉だったら気持ち良さそう

投稿: TOKI | 2007年9月26日 (水) 12:50

釣野 殿
釣野さん、こんにちは。
この川、川沿いに林道が一切無い川なので行き帰り全て川通しです。
川は小さいですが、所々で川原が有ってフライ向きな川でしたよ〜。
因みにこの日も寝ずの釣行だったので、元気なんて有りませんでした〜。
その後しっかり15時間寝ましたけど・・w

投稿: chuel | 2007年9月26日 (水) 16:27

TOKI 殿
TOKIさん、こんにちは。
先日は有難うございました。
あの林道のゲートの心配が無ければ、本流や二股へ行ってみたいですね〜。
でもこの川、堰堤も無いしかなり上流でも山女魚が釣れて良い川でしたね!
はじめ新子しか釣れなかった時はどうなるのかと思いましたが、この絶景を見られたのもTOKIさんのおかげで感謝しておりますm(_ _"m)ペコリ
来年はこの間お話した、SのMの堰堤上とかその同じ水系のSのSとかが探渓の候補に上がっておりますので!!イヒヒ

投稿: chuel | 2007年9月26日 (水) 16:38

源流○○
chuelさん、こんばんは。
chuelさんの源流好きには困ったものです!!
とTOKI氏が言っておりました。
私もそう思います【壁】_・) ソー

投稿: BOB | 2007年9月26日 (水) 21:03

ほんと源流好きなんですね♪
chuelさん、こん○○は。
写真から見るとかなり狭そうな渓ですね。藪川というやつですかね。
ほんと源流好きなんですね。ちょっと裏情報を仕入れたのですが、chuelさんは道南のFの魚止めの滝の上に行きたいと思ってらっしゃるとか・・・。あの上に行きたいって、かなりの兵だなと僕はchuelさんに対してビビッておりますε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

投稿: アカガレイ | 2007年9月27日 (木) 00:46

BOB 殿
BOBさん、お早うございます。
これは成り行きというか、短い川だったのでここまで上り詰めちゃった感が強いです。
因みに源流も好きですが、大きな川も好きですよ!!
でも人の入らない源流の岩魚は、無垢で本当に楽しい釣りが出来ますよね。
あれは病みつきになりますw

投稿: chuel | 2007年9月27日 (木) 04:19

アカガレイ 殿
アカガレイさん、お早うございます。
この川、川幅は狭いですが川原が有ったのでフライでも釣りやすかったです。
その裏情報はどこから・・
あのFの滝を半分程高巻きましたが、中間点で『これ帰りは降りられないな・・』っと思い留まり止めましたw
5年位前なら行っていたような気がします。
来年?今年?はあそこをロープ持参で探渓しようと考えているのですが、その時のメンバーにアカガレイさんは既に入っていますので、覚悟しておいて下さい!!

投稿: chuel | 2007年9月27日 (木) 04:24

今週も
どこかの沢に出かけてますかね?

怪我だけは気をつけて!
綺麗な沢と魚に逢えるといいですね!!
(行ったように勝手に書いていますが(^^;))

投稿: NaO | 2007年9月29日 (土) 09:55

今日は何処へ
 chuelさん、こんばんわ。今日は何処へ行かれたのでしょうか?かます草は気になっていた藪川に行ってきました。貧果でしたが、機能しているのか怪しい魚道の上流で遡上魚が見れたので、良かったです。

投稿: かます草 | 2007年9月30日 (日) 21:33

NaO 殿
NaOさん、お早うございます。
何処かへ出かけたなんてなんで知っているのですか!!(笑)
綺麗な沢には出会いに行きましたが、魚には当然出会えませんでしたよ( ノД`)

投稿: chuel | 2007年10月 1日 (月) 07:18

かます草 殿
かます草さん、お早うございます。
この時期は雨による増水や低水温で釣りが厳しくなってしまう事がありますね。
渓流もそろそろ終りなんだと寂しくなる季節でもあります。
機能しているか怪しい魚道は沢山有りますが、その上で魚が見られた時は、魚って本当に頑張ってるなと思いますよね。
しっかりと機能している魚道ばかりだといいのですがね〜。

投稿: chuel | 2007年10月 1日 (月) 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488063/8940437

この記事へのトラックバック一覧です: 探渓の喜び:

« 未知の源流へ | トップページ | FlyFishingへ出かけよう! »