トップページ | 盛夏の探渓 with 餌釣り »

2007年6月14日 (木)

魚は何処だ!!

こんにちは。
中山峠を超える車が、全て渓流釣りの方に見えてしまうアホなchuelです。
20070612_041
先日はじめて釣りをした某河川。
そこそこ釣れて渓相も自分好みだったが、大きな魚道無しの堰堤が有った。
その堰堤から上流が気になり、この日予定していた釣り場を急遽変更し先日の某河川へと向かった。

今回は、この素晴らしい渓相の画像を多めにお楽しみ下さい・・・


20070612_055

20070612_056

20070612_057

20070612_065

渓相は抜群。
どこもポイントだらけに見えるが、アタリは一切なく魚が散る姿も見られなかった。
この川は小滝が多いため、遡上が不可能となる所が多く仕方ないのかとも思ったが、一尾くらいは釣れてくれよ〜!!
ホント泣きそうでした。

20070612_067_2

釣りをはじめて約5時間以上も魚信は無い。
高低差の有る渓の遡行、途中一箇所有った大きな堰堤の高巻き、随所に現れる滝の高巻きで汗びっしょり。

20070612_070
もう何も魚は釣れないだろう・・と思っていた矢先にこのポイントへ到着。
画像ではわかり難いが、足元からドン深になっている。
目を凝らし水中を観察すると、大きな斑点の岩魚一尾とそれより小さい魚を一尾確認。

ドライをしつこく流すも反応は無し。
ニンフの用意などしていなかったが、ウエイトをたっぷり仕込んだフェザントテイルだけは持っていた。
仕方がないのでそれを結び、ウエットフライのようにラインの変化でアタリを取るという、ニンフなのかウエットなのか自分でも必死だなと思うような、良く分からない釣りをするハメに。
何投目かにラインが止まり、明らかに大きい方がフライを咥えている。
が痛恨のバラシィィ〜(涙)

5時間以上も釣りをして魚を目の前にただ帰る訳にも行かず、その後しばらく粘って出てくれたのが下のヤツ。

20070612_075
尺有るか無いかの岩魚だった。
大きさなどすでにどうでも良く、魚が釣れたという事に大きな喜びを感じた。

でもこの記事を書いている最中は、本当に自分は空気が読めないなと思った。
あれさえ釣り上げていれば、この記事のタイトルは『大岩魚を探し求めて』とかもっと格好のつく記事タイトルを付けれたのに!!!
贅沢を言ってはいけませんね・・

20070612_076
先程の箱を越えるとまた小滝の連続。

20070612_078
比較的滝壺に水深の有る大きな滝が現れたが、ここも反応は無し。
この滝上をしばらく釣って釣りを終了、いったいこんな山奥に何をしに来たんだ・・
渓相が良いのがせめてもの救いだったが、この流程を釣り上がって一尾では割りに合わない。
が、いつかこの滝上を釣ってみたいと思う自分は、少し頭の回路がショートしているw

帰りは凄まじい薮を這い上がり林道へと出た。
その薮コギは森の熊さんをも凌ぐ、過去最高の物となってしまった( ノД`)

|

トップページ | 盛夏の探渓 with 餌釣り »

コメント

良い感じだけど
chuel_06さんお早うございます。
渓の写真すばらしいです、
これだと渓に立った時ワクワクしたでしょうね。

この渓相で居ないのは腑に落ちないですね。
堰きの直上は居ないことが多いのですが。

投稿: BOB | 2007年6月14日 (木) 08:25

BOB 殿
BOBさんお早うございます。
この渓相を見て、ワクワクしない釣り人なんていませんよね?
この渓相を目にした時は、『今日は爆釣だ!!』と一瞬思ってしまいましたよw
どのポイントもフライが岩魚を咥えるイメージで一杯でしたよ。
ほんとガッカリしましたが、渓相が良いだけに、この更に上流に期待をこめてしまいますw

投稿: chuel | 2007年6月14日 (木) 09:41

chuel探検隊?
お早うございます。
渓相いいですねぇ〜、しかし魚影が薄い!
もったいない。ビシバシ出て来そうなのに。
堰堤による影響なら、本当に残念です。
それでも頑張ってるイワナさんが居たので良かった!
キープされないことを願いましょう。

投稿: μ | 2007年6月14日 (木) 10:09

μ 殿
μさんこんにちは。
この渓相で魚が出て来ないのは、本当に残念でした。
堰堤の影響も有るでしょうが、この画像の他にもまだ遡上が困難な小滝が有って、堰堤よりその影響の方が大きい感じも受けました。
遡行も体力的に大変で、キープを目的とする方が入るような渓ではないので、期待感だけが先行してしまいました。

投稿: chuel | 2007年6月14日 (木) 17:05

素晴らしいです
chuelさんこんばんは。
う〜んこれこそまさしく中年探検隊・・・じゃないですねすいませんm(・ω・m)ソーリィ
気になったら止まらない〜♪この先はどんなんなってるの〜みたいなワクワクドキドキ感をあじわえただけでも満足でしょう でもちゃっかり岩魚ちゃんと出会ってるのだから流石!やはり只者じゃないです
今度はさらにこの滝の上が気になりましたか〜
もう行っちゃって下さい!結果楽しみにしてますよ

投稿: iwana47 | 2007年6月14日 (木) 20:10

貴重な一尾
こんばんは。昨夜はわけのわからないコメントして
すいませんでした(・ω・;)

申し分ない渓相なのに魚がいない川は結構ありますね。「何故だ!」叫びたくなりますw
でも執念の一尾をGETしたのはさすがです。
私ならドライに出ない時点でヽ(`Д´)ノウァァァァと叫んで
止めてるでしょう。

藪こぎははまるとエライ目にあいますよね。
先日も首筋を蟻にくわれてのたうちまわってました。
数年前には迷って30分以上竹藪に埋もれていたこともありましたねぇ〜ダニには気をつけましょう。

投稿: yamame | 2007年6月14日 (木) 22:44

おなじだ
こんばんは
特に夜中や朝方
比較的車が少ない状態の時は同じ方向に走ってる車はみんな釣りに思えてきます

こんなふーになってましたか
よく行きましたね
では今度いっしょにその藪を逆に下って滝の上から
続きをやりましょうか

もしかしてこの滝の上がスバラシイ状態なんじゃないかという妄想が・・・

投稿: TOKI | 2007年6月14日 (木) 22:59

iwana 殿
iwanaさんお早うございます。
もう年齢的には中年予備軍ですよw
ワクワク感は味わう事が出来たのですが、なんせ山奥なので違う意味でのドキドキも強くなってきましたw
いつかこの滝上も行きたいのですが、あの魚影ではちょっと・・・という感じが有ります。
でもきっと行くと思います(笑)

投稿: chuel | 2007年6月15日 (金) 06:07

yamame 殿
yamameさんお早うございます。
先日のコメントとてもユーモアが有って素敵でしたよ?
いつでもあのようなコメントをお待ちしておりますw
どんな釣り方にせよ、魚が釣れるイメージをして釣りをしますよね?
特にドライフライの場合だと、視覚的に派手なので、イメージだけは何処のポイントでも魚が釣れていましたw
ライズが無い時は沈めて釣るという、セオリーを無視した釣りが凶と出たのかもしれません、TOKIさんなら沢山釣っていたのかもしれないです。

竹薮が斜面に対して下に向いていて、登るだけでも大変な上に、滑って下まで落ちるというコントみたいな薮コギでしたw

投稿: chuel | 2007年6月15日 (金) 06:16

TOKI 殿
TOKIさんお早うございます。
中山峠は尻別川水系や朱太川、道南へ行かれる方が通る事も多いので、皆釣り人に見えてしまいますよねw

この滝の上を少し釣りをし終了となったのですが、渓相は良かったです。
ポイントとなるのは、殆んどが滝の落ち込みなのでドライには反応が無かっただけだったのかもしれません。
やはりTOKIさんに調査を依頼するべきだと思いました。

後でメールしますね〜、宜しくお願いしま〜す!!

投稿: chuel | 2007年6月15日 (金) 06:22

滝の上はパラダイスかそれとも・・・
chuelさん、こん○○は。
こういう滝の上ってすごい気になりますよね。その気持ちとてもわかります^^僕も、昨日、こんな感じの滝があったので必死こいて登って上で釣りを下のですが、新子ばかりでガッカリでした。。。
さて、chuelさんの渓のこの滝の上はどうなってるんでしょうね〜^^ぜひ、今度レポートしてください。楽しみにしてます。

投稿: アカガレイ | 2007年6月17日 (日) 00:55

この渓相では
こんにちは。
ものすごい所まで行っていますね。
私なら1時間釣れなかったら次へ行ってしまいますね。
この渓相では、誰しも爆釣だと思いますね。
でも、そう簡単には釣れないのが釣りの難しさで、
また楽しみなのかもしれませんね。
でも気をつけてくださいね。
解禁明け、僅か2週間で2度も熊の痕跡に出会って
ビッビッています。

投稿: 『かわせみ』 | 2007年6月17日 (日) 16:32

アカガレイ 殿
アカガレイさんこんにちは。
そうですよね〜、滝の上や明らかに人が入ってなさそうな所は本当に気になります。
ましてやこの渓相なら尚更ですよ( ノД`)シクシク…

この滝上は、今回の釣行の心身の疲れが癒えたら行こうと思いますw
体力的にもかなり辛かったですが、釣れない事による精神的ショックも大きかったです(笑)

投稿: chuel | 2007年6月17日 (日) 16:38

かわせみ 殿
かわせみさんこんにちは。
普通の渓相の川なら、魚の反応が無ければ一時間で移動しますが、この渓相でしたから期待して頑張ってしまいました。
解禁明けから二度ですか〜、確立高すぎですよね。
でも上流域だから危険とかではないですよね。
道南だとそんなに幹線道路から離れていないような川原にも、足跡は結構ありますから。
渓流釣りでは常にそのことを頭に入れて置かなければ、大変な事になりかねませんね。
かわせみさんも細心の注意をして下さいね。

投稿: chuel | 2007年6月17日 (日) 16:47

いい景色だ〜
chuelさん こんにちは。
こういう景色は写真で見るに限りますね。よくも
こんなとこまで、しかも一人でと感心しきりです。
どこもかしこもポイントに見えますが、出ないのか
居ないのか、chuelさんでも渋かったということは
きっと居ないのでしょう。良い渓相=魚が沢山居る
という式は必ずしも当てはまりませんね。

投稿: 釣野好雄 | 2007年6月18日 (月) 15:47

釣野 殿
釣野さんこんにちは。
ほんと良い渓相は写真で見るに限ります。
せっかくの休日、しかも他の川ではドライに反応も良いこの季節に、5時間以上も魚信無しで遡行するのは精神的に辛かったですw
実際には沈めて釣りをしたのは、一箇所ですので本当は魚が居たのかもしれないです。
真相は定かではないですが、ドライで釣れない=魚が居ないという御粗末な結果に至ってしまいましたw
もう少ししたら、誰かを道連れにしてこの滝上を行ってみようと思いますw

投稿: chuel | 2007年6月18日 (月) 17:06

憧れの渓相
>chuel_06さん
憧れの渓相です。いつか行ってみたいです。
先日、近場のフィールドで話したフィッシャーに苫小牧から来ている方が2人も居ました。200k位の遠征かな。ワイルドレインボーの十勝・・・?こんな荒廃したと思えるフィールドでも彼らにとってはパラダイスみたい。地元ではこんなライズを見て釣りが出来るなんて有りえないって、、、僕もないものねだりで彼らと同様十勝には少ないネイティブなヤマメ、イワナと遊びたのですが…ガソリン代とCo2排出を考えると遠征を躊躇してしまいます。
#ここは苫小牧の方が行っていた道南と言う地区なのかな?ここまで来る価値あるんですか?と聞いたら道南もあるけど札幌近郊の釣り人で溢れかえってて・・・と、

投稿: ビスオー | 2007年6月19日 (火) 00:29

ビスオー 殿
ビスオーさんお早うございます。
毎年のように行っている十勝川支流、利別川。
片道350キロ、なんだかんだ言っていると往復で700キロ以上あります。
そんなつらい遠征でも、あのフィールドを目にすれば辛さも吹き飛んでしまいます。

北海道はご存知の通広いです、なので場所が違えば、それぞれの川の良さが有ります。
釣り人とは皆欲張りで、そのフィールド全てに何時かは行ってみたいと思うものですよw
結局は灯台下暗しで、自分も尻別川で釣りをしていて、他所のナンバーの車を見かけたら『そんな遠くから来たのか〜そんなに良い川じゃないのに〜』っと思ってしまいます。

『僕だけのフィールド 理想卿』 そんな所はまず有り得ませんが、゛自分が色々な意味で満足出来る゛という意味なのだと思います。
そのために努力する事を惜しまない釣り人は、尊敬に値します。


投稿: chuel | 2007年6月19日 (火) 04:00

おじゃまします!
chuelさん、こんばんは。
先日は、ご訪問ありがとうございました!
楽しく読ませていただきました(笑)。まるで自分が渓流を歩いてる気持ちになり、また燃えてきました!
いつかどこかのフィールドでご一緒できたらいいですね(笑)。 また、遊びにきます!
リンクさせていただきました、今後もよろしくお願いいたします。

投稿: aka | 2007年6月19日 (火) 19:41

aka 殿
akaさんこんばんは。
先日は乱文にて失礼致しました。
akaさんというフィルターを通して見たあの渓、とっても素敵で、恐れ多いと思いながらもコメントしてしまいました(笑)
いつか何処かでご一緒ですか〜、その時は腕を考慮して、自分が二尾釣ったらakaさんが一尾というルールの上でお願いします!!
こちらもリンクさせて頂きますね、今後とも宜しくお願い致しますm(_ _"m)ペコリ

投稿: chuel | 2007年6月19日 (火) 21:10

理想卿、モラル
>chuel_06さん

chuel_06さんが言う
>「そのために努力する事を惜しまない釣り人は、尊敬に値します。」が、、、
環境に配慮する試みの事か、釣り上げる為の戦術のことかはわかりませんが…
釣り上げる為の肝に…熊に屈しない突進力、ブユ・蚊に動じない忍耐、体力なんかもあるかも知れませんね。

こないだ話したフライフィッシャーは…ビックトラウト釣る為の戦術・観察力を話、なるほどと関心していると…おもむろにタバコの吸殻を捨てた!それと違法と知りながらサクラを狙ってる話、もう、これで変貌の眼差し!今まで関心していた話・人が..私の中で崩れさり冷めてしまった。
考えが堅すぎかなと自分でも思うのが…直らない(苦笑)

投稿: ビスオー | 2007年6月19日 (火) 23:59

ビスオー 殿
ビスオーさんこんばんは。
そのための努力とは、環境や渓魚への配慮の事です。
魚を釣り上げるための努力なんて、釣り人なら誰しもしています(笑)

自然が好きで釣りをする人には、ゴミを捨てたり、モラルに反するような事をする人は少ないと思いますが、様々な釣り人がいますね。
考えが堅過ぎるのでは無く、自然に対して希薄化する釣り人が多すぎるのだと思います。
こんな風に思う自分も考えが堅すぎなのかな(苦笑)

投稿: chuel | 2007年6月20日 (水) 01:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488063/8925715

この記事へのトラックバック一覧です: 魚は何処だ!!:

トップページ | 盛夏の探渓 with 餌釣り »