トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月14日 (木)

魚は何処だ!!

こんにちは。
中山峠を超える車が、全て渓流釣りの方に見えてしまうアホなchuelです。
20070612_041
先日はじめて釣りをした某河川。
そこそこ釣れて渓相も自分好みだったが、大きな魚道無しの堰堤が有った。
その堰堤から上流が気になり、この日予定していた釣り場を急遽変更し先日の某河川へと向かった。

今回は、この素晴らしい渓相の画像を多めにお楽しみ下さい・・・


20070612_055

20070612_056

20070612_057

20070612_065

渓相は抜群。
どこもポイントだらけに見えるが、アタリは一切なく魚が散る姿も見られなかった。
この川は小滝が多いため、遡上が不可能となる所が多く仕方ないのかとも思ったが、一尾くらいは釣れてくれよ〜!!
ホント泣きそうでした。

20070612_067_2

釣りをはじめて約5時間以上も魚信は無い。
高低差の有る渓の遡行、途中一箇所有った大きな堰堤の高巻き、随所に現れる滝の高巻きで汗びっしょり。

20070612_070
もう何も魚は釣れないだろう・・と思っていた矢先にこのポイントへ到着。
画像ではわかり難いが、足元からドン深になっている。
目を凝らし水中を観察すると、大きな斑点の岩魚一尾とそれより小さい魚を一尾確認。

ドライをしつこく流すも反応は無し。
ニンフの用意などしていなかったが、ウエイトをたっぷり仕込んだフェザントテイルだけは持っていた。
仕方がないのでそれを結び、ウエットフライのようにラインの変化でアタリを取るという、ニンフなのかウエットなのか自分でも必死だなと思うような、良く分からない釣りをするハメに。
何投目かにラインが止まり、明らかに大きい方がフライを咥えている。
が痛恨のバラシィィ〜(涙)

5時間以上も釣りをして魚を目の前にただ帰る訳にも行かず、その後しばらく粘って出てくれたのが下のヤツ。

20070612_075
尺有るか無いかの岩魚だった。
大きさなどすでにどうでも良く、魚が釣れたという事に大きな喜びを感じた。

でもこの記事を書いている最中は、本当に自分は空気が読めないなと思った。
あれさえ釣り上げていれば、この記事のタイトルは『大岩魚を探し求めて』とかもっと格好のつく記事タイトルを付けれたのに!!!
贅沢を言ってはいけませんね・・

20070612_076
先程の箱を越えるとまた小滝の連続。

20070612_078
比較的滝壺に水深の有る大きな滝が現れたが、ここも反応は無し。
この滝上をしばらく釣って釣りを終了、いったいこんな山奥に何をしに来たんだ・・
渓相が良いのがせめてもの救いだったが、この流程を釣り上がって一尾では割りに合わない。
が、いつかこの滝上を釣ってみたいと思う自分は、少し頭の回路がショートしているw

帰りは凄まじい薮を這い上がり林道へと出た。
その薮コギは森の熊さんをも凌ぐ、過去最高の物となってしまった( ノД`)

| | コメント (22) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年7月 »