2010年12月 7日 (火)

林道の無い川 5

こんにちは。

テリヤキマックバーガーとポテトのSを食べると必ずお腹を壊すchuelです。。

20090609_011

前々から一度行ってみたいと思っていた、某川支流。

タイトルにあるように林道など無く、凄まじい高低差でまるで階段のような渓相となっている。

20090609_023_2

ほとんど滝と小滝で川が形成されていて、なかなかそそる渓相をしている。

入渓してすぐ小さな岩魚を釣ったが、もっと大きな岩魚を釣るつもりで写真はスルーした。

20090609_040

少しの区間で、このような遡上困難な滝が数箇所ある。

20090609_073

入渓してすぐのころは反応もあり魚も釣れたが、しばらくするとサッパリ音沙汰無し。

20090609_090

それでも何故か遡行するのが楽しくなり、上を目指したw

20090609_102

上流から下流を見下ろすと、少し怖いくらいだ。

この高低差のせいかこのあたりでは一切の魚の影は無くなっていた。

が、もう少し遡行してみたくなる自分がいる。。

20090609_103

川岸にはまだ雪が残っている。

雪が融けた後には・・・

20090609_105

6月なのに美味しそうなコゴミw

20090609_107 

そして6月なのにとても美味しそうな行者ニンニクが!!!!

これには大興奮致しましたww

20090609_113

川は更に落差が激しくなる。

20090609_117

もう完全に魚はいないが遡行するのが楽しくなり、切り上げ時がわからなくなってきた。

20090609_138

しばらくすると川が雪で埋まり通行止めw

ここで諦めがつき引き返すキッカケを掴むことが出来ました。

20090609_128

ここまで頑張って、岩魚を三尾、バラシ数回・・・

割に合わない遡行だったけど、季節外れの山菜が採れたことで少し報われたかな(笑)

20090609_148

しかしこの釣り人の方、本当に良く釣るわ~~w

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

林道の無い川 4

こんにちは。

世の中で一番美味しいものは、塩だと思うchuelです。

Dsc00005

2009年、8月某日。

林道の無い川を探渓。

Dsc00018

大きな川に見えるが、すでにここは源流域。

この川のこの区間で釣りをしたことのある釣り人を私は知らないので、何の情報も無く恐る恐る釣りをしてみた。

魚は沢山居るだろうと予想し入渓してみたが、思った通りなかなか魚影は濃い。

Dsc00026

釣りを開始して一時間程経った頃だろうか。

ドライフライで釣るには水深の程よい瀬が現れた。

期待に胸を膨らませ、ドライフライをキャストし釣れたのは・・・

Dsc00028_2

42cmの岩魚。

ここまでは泣き尺の岩魚が最大だったので、とても嬉しい一尾となった。

魚体はとても立派で太く、引きが強すぎてやり取りに三分以上はかかっただろうか。

こんな岩魚が一尾でも顔を見せてくれると、山奥へ度胸試しに来た甲斐があったというものだ(笑)

Dsc00031

しばらく行くと魚止めとなる、比較的大きな滝が現れた。

Dsc00045

先ほどの大物、そして晴天の青空、高気温が滝壷での大物を予感させたが。。。

Dsc00048

意に反して釣れるのは、尺を少し超える岩魚。

やはり滝壷で大物を釣るには、私には40年は早かったようだw

Dsc00052

そして滝を高巻き、滝上へ。

滝上は岩盤質で、川底に変化の少ない渓相。

Dsc00055

滝上を少し釣り上がると、川は二股になる。

ここからこの川は名前を変えるので、この川自体は終わりになると言っていいだろう。

左は奥は深いが川幅は狭く、右は奥は浅いが川幅が広い。

滝上からここまで、魚の走る姿は一度も見ていない。

勿論、一尾の釣果も無し。

まずは、右を探渓。

Dsc00061

川底は岩盤質で水深は浅く、あっても膝下ほどだろうか。

一時間程釣りあがったが、魚信は全く無かった。

やはり先ほどの滝が魚止めのようだ。

一度二股まで戻り、次は左の渓を探渓。

Dsc00089 

こちらの川は先ほどの川とは違い、川底に沈み石があり所々にポイントを形成している。

しかし、一時間程釣ったがこちらでも魚信は無し。

Dsc00029_2

滝上に期待をしていただけに一尾の釣果もないのは少し残念。。

どんなに凄い川でも魚止めはあるものだということを、再確認させられた釣行となりました。

しかし源流とそこに棲む岩魚には、何か引き寄せられるものがある。

大きな岩魚が源流に棲んでいる限り、林道の無い川を川通しするのを止める訳にはいかなくなってきたww

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

岩魚の楽園 with yamame氏

こんにちは。

釣行→ビール→睡眠→ビールのサイクルが定着し、なかなかブログ更新が出来ないchuelです。

Dsc01639

久しぶりにyamameさんとの釣行。

昨年もここへはyamameさんと二度来ていてとても楽しい釣りだったので、この日も期待して入渓しました。

Dsc01673

少し陽が高くなるまでは反応も薄いかと思っていたが、ファーストポイントで入れ食いw

いきなり尺岩魚まで出てくれました。

023

そして泣き尺を入れ食いかと思えば、次は尺・・・っとなかなか前に進みません。

Dsc01657

yamameさんも絶好調のようで、釣り過ぎています。

画像は悪い顔で尺上岩魚を撮影中のyamameさん 【壁】彡サッ

Dsc01746

この日の一番45cm。

すでに私は満腹気味だったが、これで完全にお腹一杯ですww

Dsc01707

入渓から脱渓まで9時間と30分、二人で釣りに釣りまくり楽しい一日となりましたw

Dsc01662_2

しかしここは良い渓だ(笑)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

大好きな道南の渓2009 with かます草 2

こんにちは。

渓流釣りとは合法的な麻薬だと思うchuelです。

Dsc00462

前の渓で羆と急接近してしまったため渓を変更。

変更といっても、ここは先ほどの渓の支流。

Dsc00466

数ヶ月前に単独で入渓したときは、尺上が良く釣れた。

が、この日はそれなりのサイズばかり。

Dsc00473

渓相良く、遡行しているだけでも気持ちがいい。

だが数ヶ月前にあれだけ釣れた尺上岩魚の気配が無い。

Dsc00479

そんな中、かます草さんに尺上岩魚がヒット。

Dsc00482

このポイントでは推定40cmオーバーの岩魚を確認するも、フライを完全に無視される ( ノД`)

良く見るとカップリングしているようにも見える。

まだ時期的に早いとは思うが、気の早い岩魚も中にはいるようだw

Dsc00485

折り返しとなるポイント。

ここでようやく尺上の岩魚が。

Dsc00486

この渓での尺上は諦めかけていたので、とても嬉しい。

Dsc00490

同じポイントで、かます草さんも尺上をゲット。

まだ尺上が溜まっていそうなので、少し時間をあけて再びフライを流すと・・

Dsc00504

釣り上げるまでは、40cmは絶対にあると思ってしまったほど凄まじい引きをした38cm。

体高があり、胴回りがとても太く、金色に輝く美しい体躯。

Dsc00510

こんな凄い岩魚が釣れるから、羆のテリトリーに入り込んでしまう。

少しイカレているのかもしれないけれど、羆とはうまく付き合っていけたらと思っております。

Dsc00469_2

ところでこの日同行して頂いた かます草さん は、私の帽子をかぶっての釣行となった。

待ち合わせ場所で私の車に乗り込む時にご自分の車に忘れたか、落としたかしたらしい。。

釣りを終え十数時間後、朝待ち合わせた場所に到着すると・・・

Dsc00517

そこには、かます草さんの大切な帽子が!!!ww

あまりにも私の笑いのツボにハマッタので、拾うのを少し待ってもらい写真を撮らせて頂きましたww

釣りへ行くときは忘れ物には十分注意しましょう!(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

大好きな道南の渓2009 with かます草

こんにちは。

久しぶりにスリリングな渓流釣りをしたchuelです。。

前の記事の川を昨年、かます草さんとご一緒させて頂いた時のレポです。〟

Dsc00413

夜明けと共に林道を歩いていると、真新しい羆の前足の足跡が。

そして少し古いが親子熊の足跡もあった。

食痕もあり内心は『ヤバイ・・・』と思ったが、数秒後にはその先を目指す。

何故なら・・・

Dsc00420

そこには大きな岩魚が棲んでいるから。

入渓して二尾目で、35cmほどの岩魚が釣れた。

ここは私にとって桃源郷のような渓、好きな渓ベスト5には入る川だが羆に守られた渓でもある。

Dsc00423

独りならきっと引き返していたかもしれないが、この日は かます草氏 と二人だということもあり、爆竹や笛を鳴らしながら慎重に遡行をした。

Dsc00433

川は小さいが渓相はダイナミック。

大きな岩を何度も超え、遡行は大苦戦。

岩の中を水が流れているという感じが、たまらなく楽しい。

Dsc00443

もちろんそこに棲む岩魚はでかい。

釣れる岩魚の3割くらいの確立で、尺を超えてくる。

Dsc00452

二人で尺岩魚の感触を満喫し、この渓の核心部に突入しようかという頃、風に乗って獣臭が。。

それでも欲望の塊と化した釣り人の足は、前へと進んだ。

が、大きな岩をよじ登った瞬間に、今までよりも更に凄まじい獣臭が。

見ればそこには真新しい食痕と足跡が残されており、少し前までここに居たことを示していた。

Dsc00444

ここでやっと我に返り、危険過ぎるので諦めることに。

核心部まで到達できなかったのは少し心残りではあったが、ここまでの区間でも満足なサイズと釣果を得ていた。

この時の釣行では、少し諦めが悪かったと後に反省。

羆のテリトリーにお邪魔させて貰っているということを忘れず、もっと早くに引き返すべきでした。

楽しい渓流釣りも、事故が起こってからでは取り返しがつきませんからね。

良い子は絶対に真似しないように!!!!

続く・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«大好きな道南の渓へ